LGは、88型の8K有機ELテレビ「OLED88Z2PJA」を本日7月29日より受注生産にて発売する。価格はオープンだが、税込3,830,000円前後での実売が想定される。

同社の有機ELテレビの2022年ラインナップに8Kモデルが加わるかたち。LG製品の中でも最上位モデルのみをラインナップした、「The Art of Essence “家電をアートに”」というコンセプトのプレミアムブランド「LG SIGNATURE」として展開される。

OLED 8Kを採用しており、約3,300万個の素子が個別に自発光。解像度は7,680×4,320と、2Kの16倍、4Kの4倍の画素数で、88インチの大画面で鮮明な8K画質を実現するという。

独自リアルタイムAIプロセッサーの最新世代「α9 Gen5 AI Processor 8K」を搭載。地上波放送では2K/4K映像を8K水準へとアップスケーリングし、AI処理を施してクリアかつ鮮明に表示。ネット動画もコンテンツにあわせて、最高レベルの映像を映し出すとしている。

また、映像ジャンルにあわせてAIが自動認識して最適な画質に変換する「AI映像プロ」や、より立体的で自然な色彩を実現する「オブジェクト型リアルタイム映像処理」、肌の色をナチュラルに保ちつつ階調豊かな映像を再現する「ダイナミックビビッド処理」、有機ELテレビのダイナミックレンジを活用して画像のコントラストとディティールを向上させる「ダイナミックトーンマッピングプロ」も搭載する。

スピーカーは4.2chを搭載しており、最大実用出力は80W。立体音響フォーマットのDolby Atmosに対応するほか、AIが映像ジャンルを分析してバーチャル7.1.2chに変換する「AIサウンドプロ」も搭載する。

チューナー数はBS 8Kを1基、 BS 4K/110度CS 4Kを2基、 地デジ/BS/110度CSを3基を搭載。

HDRはHLG/HDR10 Pro/Dolby Vision IQに対応する。

HDMI 2.1(48Gbps、8K/60p、4K/120p)端子は4系統装備しており、eARC、VRR、ALLMをサポートする。4K 120Hz Dolby VisionやAMD FreeSync Premiumテクノロジー、HGiG規格など様々な機能に対応し、応答速度は1msと快適なゲーム体験を実現するとしている。クラウドゲームサービス「GeForce Now」もサポートする。

本体パネル部には極細ブラックベゼルを採用し、映像だけが浮いているような没入感を演出。高級感のあるシルバーキャビネットによって、まるで家具のひとつのようにリビングを演出するプレミアムデザインに仕上げたとのこと。有機ELパネルの5年保証サービスも提供される。

動画配信サービスはNetflix、Amazon Prime Video、Disney+、U-NEXTなど各種アプリに対応。ほか個人アカウントの設定や独自「ThinQ AI」での音声操作も可能となる。

入出力端子はHDMIのほか、USB2.0を3系統、ヘッドホン出力/光デジタル音声出力/有線LANを各1系統ずつ装備する。外形寸法/質量は、スタンドを含む場合が196.1×145.6×28.1cm/104kg、スタンドを含まない場合が196.1×112×5cm/42kg、