音響特機は、Mackieブランドより、ディスプレイの下に設置可能なコンパクトなサウンドバー「CR StealthBar」を8月8日より発売する。価格はオープンだが、税込13,420円前後での実売が予想される。

「CR StealthBar」は、四半世紀にわたりスタジオモニターを開発するMackieプロフェッショナルエンジニアによる音響設計とチューニングが施されたサウンドバー。昨年に発売がアナウンスされていたが、この度正式な発売日が決定した。

ディスプレイの下など狭いスペースでも設置が可能なコンパクトサイズながら、明瞭度の高い中高域、スピード感、迫力ある低域を実現したサウンドで、スタジオモニター並みの高音質が楽しめるとアピールする。

入力はUSB接続、Bluetooth、ステレオAUXを搭載して様々なデバイスに対応。用途や好みによって選択可能な、Music(音楽)、Voice(スピーチ)、Game(ゲームサウンド)の全3種のサウンドプリセットボタンや、瞬時に消音することができる「MUTEボタン」を備える。

設置場所に合わせて高さ調整が可能な専用の台を付属。外形寸法は475W×102H×76Dmm、質量は2kg。

なお、9月1日受注分より価格改定を予定しており、改定後の実勢価格は税込17,490円前後が想定される。