エミライは、FiiOより新設計のドラム型ハウジングを採用したイントラコンカ型(インナーイヤー型)イヤホン「FF3」を9月9日に発売する。価格はオープンだが、税込16,940円前後での実売が予想される。

自然な装着感とハイパフォーマンスを両立させたインナーイヤー型イヤホン。同ブランドが培ってきたイヤホン開発のテクノロジーを掛け合わせることで、深く鋭い低音や艶やかな中高域を実現し、これまでのインナーイヤー型に対するイメージを打ち破るサウンドを実現したとアピールする。

ドライバーには14.2mm大口径ダイナミックドライバーを搭載する。振動板にはPU(ポリウレタン)をベースにしてドーム部分にベリリウムコーティングを施したハイブリッド振動板を採用。高剛性かつ軽量なベリリウム素材により不要な共振を低減するとしている。

ハイブリッド振動板を駆動させるボイスコイルには、日本のダイコク製「超微細銅クラッドアルミニウム線」を採用する。直径わずか0.033mmの極細線によって構成されており、振動板の振幅を妨げることなく全帯域における解像度を向上するという。

ハウジングには楽器のドラムをモチーフとして新たに開発されたドラム型の構造を採用。これにより、アコースティックな低域の響きや質感をより効果的に引き出し、音色を正確に再現する。

低域の再生周波数帯域を拡張させるために採用した「アコースティックチューブ構造」では、筐体内部の空間を最大限に活用し、内部に設けられた音導管構造によって振動の減衰を高め、イヤホンの共振点を下げ、より深い重低音を実現した。

ケーブルには計152本の高純度銀メッキ単結晶銅線材を採用。高音域の解像度を向上させながら、不要な擦過音を低減させるという。ケーブルのシースにはドイツ製のTPUを採用。黄変や硬化に強いだけでなく、高い柔軟性によってタッチノイズも軽減される。プラグ部は交換式で、3.5mm/4.4mmプラグを接続する機器に合わせて付け替えられる。ケーブル長は約1.2m。

筐体は高い剛性を備える316Lステンレススチール製で、表面に研磨加工とPVDメッキを施すことで、美しい外観と快適な装着感を実現する。キャビネット背面のフェイスプレートには、透明感ある高透過率強化ガラスを採用する。

カラーバリエーションはシルバー/ブラックの全2色を用意。フェイスプレートのデザインは各本体色に合わせたデザインが施されている。低域重視/バランス重視/高域重視の全3種のスポンジカバーも付属し、音楽ジャンルや好みに合わせて音質を変えられる。

再生周波数帯域は20Hz - 20kHz、インピーダンスは45Ω(@1kHz)、感度は105dB(1kHz@1mW)、質量は31g。付属品としてキャリングケースを同梱する。