エミライは、FiiOよりマグネット式オーディオプラグを採用したMMCXリケーブル「LF-RB」を9月9日(金)に発売する。価格はオープンだが、税込8,470円前後の実売が予想される。

同ブランドの特許技術である磁力を用いたプラグ変更構造「マグネット式オーディオプラグ」により、2.5mm/3.5mm/4.4mmプラグの交換を素早く、容易に行えるリケーブル。

約120cmの長さのケーブル部は、左右チャンネルの+/−で合計4本の構成を取り、表皮効果や近接効果を大幅に低減し、電線の抵抗値を抑えるリッツ式編組にて処理している。

芯線には、高純度銀メッキ単結晶銅線を採用。信号線1本あたり30本、±4本からなる信号線で計120本を使用する。干渉対策としてそれぞれの信号線に対して各25本の無酸素銅のシールドが施される。このシールドは4.4mmバランスプラグの5極目に接続されており、適切なアースを行うことでさらなる干渉低減が実現できると同社は説明する。

ケーブルシースには柔らかくしなやかなドイツ製のクリアTPUシースを採用し、タッチノイズの大幅な低減を実現。クリア素材を採用することで、内材として使用される無酸素銅のシールド線が浮かび上がる陰影ある高い質感を併せて提供する。

イヤホン側のMMCXコネクターには角度を付け、装着時の快適性を向上させた「アングルドMMCXコネクター」を装備。耳に装着した際にスムーズな弧を描くように設計されており、長時間のリスニングでも負担のない快適な装着感を実現したという。加えて、MMCXコネクターには左右の端子を判別する赤と青のリングが備えられ、装着時の視認性が高められている。

また、本製品の別売オプションとして、マグネット式オーディオプラグに対応した専用設計の小型高性能DACモジュール「LF-TC」を同日に発売。価格はオープンだが、税込6,820円前後での販売が予想される。

DACチップに同ブランドのバスパワー駆動USB DAC/アンプ「KA1」で採用された「ES9281AC PRO」を小型のL字筐体に搭載。PCM最大384kHz/32bit、DSD256(DoP再生の場合DSD128に対応)の再生をサポートし、45mW@32Ω(THD+N=1%以下時)の出力を実現する。

S/N比は114dB(32Ω/A特性)、THD+Nは0.0005%、プラグ形状はUSB Type-Cを採用する。外形寸法は28W×24H×9Dmm、質量は約5g。