キヤノンは、業務用27型4K HDR対応ディスプレイ「DP-V2730」を2023年2月下旬より発売する。価格はオープン。

「DP-V2730」は、業務用ディスプレイ「DP-Vシリーズ」初の27型サイズを採用した4K(3840×2160)/HDR対応のディスプレイ。現行モデル「DP-V3120」から高画質ディスプレイ用エンジン、高精度アルゴリズムおよびパネル・バックライトシステムを刷新し、基本画質性能を大幅に向上した。

HDR映像製作で定められる全白輝度1000cd/㎡の高輝度を実現。加えて、高画質エンジンのハードウェア性能を大幅に進化させることで、明部と暗部の境界の光漏れを抑制。全黒輝度0.001cd/㎡と黒の表現力が従来よりも強化され、100万:1の高コントラストを誇る。

UHDTV放送規格のITU-R BT.2020に対応し、広色域な映像を忠実に再現する。視野角による輝度や色の変化を抑える独自の光学設計の採用で、複数の人が同時にモニタリングを行う際も正確な画質確認が可能としている。

現行モデルにも搭載されるHDR映像の輝度や色を数値で可視化できる「HDRモニタリングアシスト機能」を搭載。入力映像と各種信号情報をディスプレイ1台で同時に確認できる。また、SDI/HDMI端子からの入力映像のマルチ画面表示やスイッチアウト機能により、機材数を抑えたコンパクトな撮影体制での映像制作を実現する。

映像編集用として使用されることの多い30〜32型より小型な27型を採用したことで、オフィスや自宅などのスペースの限られた制作環境下でも設置がしやすい。撮影現場で使用を考慮し、最大出力2W+2Wのステレオスピーカーを内蔵する。

定格電圧はAC100V〜240V。インターフェースとしてSDI入力×5(12G/6G/3G/HD/SD-SDI)、HDMI×1を備える。外形寸法(スタンド・ハンドル含む)は約635W×447H×214Dmm、質量は約16kg。