合同会社DMM.comは、自社ブランド「DMM.make PRODUCTS」より、4Kディスプレイの新モデル「DMM.make 43インチ 4K DISPLAY(型番:DKS-4K43DG5)」を本日9月8日より発売する。価格は60,500円(税込)。

8月に発表した50インチモデルに続いて、約1mmのナローベゼル採用の43インチ新型機を開発。10月には55/65/75インチの発売も予定しているという。

4K解像度(3,840×2,160)に対応し、HDR 10およびHLGのHDRコンテンツもサポート。Amazon Prime VideoやNetflix、Youtube、U-NEXTなど各種動画配信サービスやゲームなどの映像も高解像に楽しめるとしている。

ディスプレイには直下型LEDバックライトを搭載。視野角は上下左右178度となる。また上述の通り、約1mmという薄いベゼル(ナローベゼル)を採用し、よりすっきりとしたスタイリッシュなデザインを実現している。

HDMI入力には、4K/60pおよびHDCP2.2対応のHDMI 2.0端子を3系統装備。そのほか入出力端子にはAV入力 ×1、USB 2.0入力×2、音声光デジタル出力×1を備える。

出力8W+8Wのスピーカーを内蔵。外形寸法は約960W×620H×232Dmm、質量は約6.5kg(いずれも、スタンド含む)。