Shureは、有線イヤホン「SE215 Special Edition」の新色パープルを発売する。本日9月15日より予約開始、9月30日に全国の量販店・楽器店・オンラインショップにて販売開始する。予想実売価格は13,860円(税込)。

従来から展開していたトランスルーセントブルー/ホワイトに続く新カラーバリエーション。本カラーは、同社が2022年3月に実施した「SE215 Special Editionカラー投票」において、世界60ヶ国以上のShureファンの投票によって決定したもの。パープル/グリーン/オレンジ/レッド/ピンクの5色の候補のうち、パープルは29%を占める割合で投票数を獲得したという。なお、国別投票数では日本からの投票が最多を記録したとのことだ。

「SE215 Special Edition」は、同社が展開する有線イヤホン “SEシリーズ” のエントリーモデル。ダイナミック型のMicroDriverを1基搭載し、音響抵抗スクリーンによってドライバー後方への空気の流れを最適化することで、厚みのある低音再生を実現したとしている。

ハウジングは、ミュージシャンがステージ上で使用するインイヤーモニターと同様、人間工学に基づいた高耐久性の薄型デザインを採用。また高遮音性設計によりノイズキャンセリング機能なしに最大37dBのノイズ低減効果を発揮するという。

装着方法は、ケーブルを耳の後ろにかけるいわゆる「シュア掛け」方式で、激しく動いても耳から外れにくいフィット感と、長時間でも快適な装着性も備えるとのこと。

ケーブルはストレートタイプの3.5mmステレオミニプラグケーブルが付属し、MMCXコネクターの採用によりリケーブルも可能。別売のマイク付きUNIケーブルに付け替えることで通話やボイスチャットを利用したり、同じく別売の完全ワイヤレス・セキュアフィット・アダプターを装着することでBluetooth接続によるワイヤレス再生も楽しめる。

そのほか、ソフト・フレックス・スリーブ(S/M/L)、フォーム・イヤパッド(S/M/L)という2種類のイヤーチップや、クリーニングツール、ソフトジップケースなどが付属する。