アユートは、同社取り扱いブランドAZLAより、フル・シリコン構成を採用したカナル型イヤホン「ASE-500」を、同社直販サイト「アキハバラ e市場」にて先行販売する。出荷は9月末頃から順次開始する。

3.5mm 4極プラグを装備する「Standardモデル」をはじめ、最大96kHz/24bit対応のType-C DACケーブル「A100」とUSB A変換アダプターを同梱した「UCモデル」、MFi認証を取得済で最大48kHz/24bit対応のLightning DACケーブル「L100」を同梱した「LTモデル」の全3種をラインナップ。価格はStandardモデルが5,980円、UCモデルおよびLTモデルが7,980円(いずれも税込)。カラーバリエーションはBlack/White/Sky Blue/Pinkの4色を展開する。

「ASE-500」は、“AZLA史上最高の寝ホン”をスローガンとして、リラックスできる優れた装着感と、寝ながら使用しても安心の設計を実現したとする有線イヤホン。先日開催された東京ゲームショウ2022、および秋のヘッドフォン祭りでも参考出展されていたが、この度直販サイトでの先行販売が決定したかたちとなる。

いわゆる“寝ホン”として寝ながらの使用に配慮した形状や、これまでにない優しい着け心地を実現するため、ドライバーとケーブルを除いた全箇所にシリコン素材を採用した「フル・シリコン構成」を採用。全体的に柔らかく、かつ突起がない形状のハウジングにより、寝ながらでも安心して使用できるとアピールする。

優れたサウンドと本体の小型化を両立するため、デンマークのOLE WOLFF(オレ・ウルフ)社と共同開発した5.7mm径の超小型高性能ドライバーを搭載。本ドライバーは、完全ワイヤレスイヤホンの高級モデルに採用するドライバーと比較してもTHDが低く、低域とHFレスポンスが良好だと説明。さらに直線的な振動板の動きと、最適化されたモーターによる低歪みを実現し、サイズ比に対してクラス最高レベルの性能を誇るとしている。

またチューニング面では、音楽鑑賞やコンテンツでの使用をメインとしながらも、“寝ホン”として疲れない音を追求。中高域を明瞭にしつつ音の刺さりを最小限に抑え、音像が正確に定位するよう調整したとのこと。ゲームをプレイする際などには、深く沈み込むような低域を再生すると共に、空間認識もしやすいという。

イヤーピースは、着けたまま眠った場合でも耳への負担を小さく抑えることを考慮し、医療用シリコン素材の「SednaEarfit MAX」3サイズ(SS/MS/ML)と、「SednaEarfit MAX for TWS」3サイズ(S/M/L)の計6ペアを同梱。装着感の好みに応じて選択でき、低刺激かつ優れた遮音性を実現するという。ほか、シリコン製の専用ポーチも付属する。

ケーブルには、しなやかな弾性のあるTPE素材を使用。リラックスした姿勢で快適に使用でき、また“寝ホン”として使う際の寝返りなども考慮して、一般的な120cmではなく150cmのケーブル長を採用している。ほか、マイクのオンとオフを物理的に切替可能なインライン式リモコンマイクも装備し、ゲームプレイでの使用にも適しているとのこと。

周波数特性は10Hz - 20kHz、インピーダンスは16Ω(@1kHz)、入力感度は96dB。質量は18g。