ディーアンドエムホールディングスは、マランツのAVアンプのラインナップを一新する、新しいホームシアター用アンプ「CINEMAシリーズ」を発表。全5機種を2022年冬より順次発売する。ラインナップは以下の通り。

・15.4ch AVプリアンプ「AV 10」

・16ch パワーアンプ「AMP 10」

・9.4ch AVレシーバー「CINEMA 40」

・9.4ch AVレシーバー「CINEMA 50」

・7.2ch AVレシーバー「CINEMA 70s」

フラグシップモデルとなるAVプリアンプ「AV 10」と16chパワーアンプ「AMP 10」をはじめとする、ホームシアター用アンプの新シリーズ。「極めて優れたオーディオパフォーマンス」「細部にまでこだわり抜いた品質」「時代を超えたエレガントなデザイン」というマランツの伝統的な3つの特徴を兼ね備え、映画ファンやオーディオファンへ高らかにアピールする。なお、各製品の詳細、発売時期等については、後日各モデルごとに別途アナウンスされる。

CINEMAシリーズは、「MODEL 30」や「SACD 30n」などのHi-Fiオーディオ製品と同じコンセプトの下でデザインされた新たなフロントパネルおよびシャーシを採用。これらは、ポートホールに代表されるマランツの伝統的なデザインエレメントの継承と現代的な解釈による再構築を経て、今後のマランツを象徴する全く新しいデザインとして生み出された。

製品に美しさを求める方に対し、様々なスタイルのインテリアに調和する普遍性を兼ね備え、住空間にオーナーの個性を反映させるこれまでにないオーディオ機器のデザインを目指したと訴える。

サウンド面では、伝統技術と最新技術が融合したオーディオ回路を搭載。最新のDSPによりDolby AtmosやDTS:X、Auro-3Dなど、イマーシブオーディオの優れたパフォーマンスを余すところなく引き出し、時間を忘れて作品に没入できる3Dサウンドスケープを提供する。

8K/60Hz、4K/120Hz対応のHDMI入力、ルームアコースティックの最適化など、映画館に匹敵するクオリティのプライベートシアターを実現するための機能を多数サポートする。

HEOSを搭載しているので、ハイレゾ対応の音楽ストリーミングサービスやインターネットラジオ、ポッドキャストを専用アプリで手軽に楽しむことができる。Bluetooth、AirPlay 2でスマートフォンと接続して、様々なアプリやコンテンツの音声も高音質での再生が可能となる。

セットアップメニューには、新開発の高精細GUIが採用され、より美しくかつ操作しやすくなった。操作は付属のリモコンに加え、専用アプリやウェブブラウザからも行える。Alexaによる音声コントロールにも対応し、リモコンやスマートフォンを取り出すことなく音楽の再生やAVアンプの操作が行える。