Amazonは、新たにWi-Fi 6に対応し、オクタコアプロセッサーの搭載で「Fire TVシリーズ史上最速の操作感を実現した」とする「Fire TV Cube」新世代モデルを発表。19,980円(税込)で予約受付を開始しており、出荷開始は10月27日を予定している。

テレビに接続してPrime Videoなどを利用できるようにするストリーミング端末、Fire TVシリーズの最上位機種「Fire TV Cube」に新世代モデルが登場。上記のようにWi-Fi 6対応やオクタコアプロセッサーの搭載を果たしたほか、Fire TVシリーズとして初めてブルーレイ/DVDレコーダーやゲーム機を接続できるHDMI入力端子も装備した。

2.0GHzオクタコアプロセッサー搭載により前世代機から20%パワフルになったと説明。また、Wi-Fi 6に対応したことで、よりスムーズなアプリの起動や操作、さらに安定した4Kストリーミングを楽しめるともアピールしている。

また、本体をファブリック仕様にすることで高級感を演出。さらに、スピーカーの音質向上も実現しているという。

前述のとおりHDMI入力端子を新たに備えたほか、ウェブカメラ接続や記録メディア用のUSBポートを装備。イーサネット用の入力端子も内蔵し、有線でのネットワーク接続も行える。

eARC/ARC対応で、前世代機と同様に4K Ultra HDやDolby Visionに対応。超解像度技術とアップスケーリング機能も備え、HDMI接続された機器で再生されたHD画質のコンテンツを4Kに変換して、映像をより鮮明に楽めるようにもなった。

音声面ではDolby Atmosに対応。また、互換性のあるEchoシリーズと接続し、新世代Fire TV Cubeのスピーカーとして利用することができる。さらに、HDMI ARC対応のテレビと接続すると、本機の音声だけでなく、テレビやテレビとHDMI接続された機器の音声も、Echoスピーカーから出力できる。

Amazon Alexaにも対応し、音声でのハンズフリー操作が可能。「アレクサ、テレビをつけて」や、「アレクサ、6チャンネルにして」、「アレクサ、Prime Videoを開いて」などと話しかけるだけで、チャンネル切替などのテレビの操作や、好みの映画や番組の検索や再生コントロール、さらにAlexaアプリ上で接続されたスマートデバイスを、より正確に音声で操作できるように改良した。

また、前世代機同様に、セキュリティカメラ「Ring」がAlexaに接続されていれば、玄関に宅配便が届いた際に、テレビの画面上にRing Video Doorbellの映像が提示され、ソファに座ったまま応答したり、映像をピクチャー・イン・ピクチャーで確認することができる。

ほか、利用中のAlexa対応スマートホーム製品をFire TVのユーザーインターフェース上に表示し、各製品の状況を確認したり、操作することができる「スマートホームダッシュボード」と、Alexaの各種機能にホーム画面から直接アクセスすることができる「Alexaショートカットパネル」にも対応。本パネルから、スマートホームのコントロールや天気予報、Alexaコミュニケーションなどの機能に素早くアクセスすることができる。