プレシードジャパンは、AVIOTブランドより、耳の穴を密閉しないオープン型設計の完全ワイヤレスイヤホン “Openpiece S” 「TE-S1」を、9月30日に発売開始する。価格は9,900円(税込)。

今年8月に発表した、“ながら聴き” に焦点を当てた新シリーズ・Openpiece(オープンピース)。第1弾としてラインナップした2モデルのうち、9月下旬に発売予定としていた「TE-S1」について、発売日が正式決定したかたちとなる。

「TE-S1」は三角形のデザインを採用し、より開放感のあるリスニング体験を追求したモデル。ブラック/ホワイト/ライムイエロー/ラベンダー4色展開となる。

9月2日に発売済みの音質重視モデル「TE-M1」と同様にφ10mmダイナミックドライバーを搭載し、ナチュラルで広がりのあるサウンドが特徴としている。

よりよい音質を優先した「高音質モード」と、周囲への音漏れを低減する「音漏れ抑制モード」という2種類の音質モードを搭載し、状況に応じてタップ操作で切り替えることができる。

耳への装着は、シリコン製のイヤーウィングを含む3点で耳に接することで、激しく動いてもズレにくく、それでいて圧迫感の少ないフィットを実現したとのこと。また、イヤホン本体は片側約4.2gの軽量設計で、IPX4相当の防水性能を装備している。

イヤホン単体で最長約8時間、充電ケースを併用することで最長27時間の連続再生が可能。急速充電機能により、約10分間の充電で60分の音楽再生ができる。

Bluetoothバージョンは5.2、コーデックはAAC/SBCをサポートする。2台の端末と同時にペアリングできるマルチポイント機能や、左右どちらか片方だけで使用できる片耳モード、音声遅延を抑えるゲーミングモードも備える。

専用アプリ「AVIOT SOUND ME」も用意され、iOS版は近日中、Android版は10月中旬に対応を予定。本アプリを通じて、イコライザーによる音質カスタマイズや、イヤホンを紛失した際に役立つ探知機能などが利用できる。