アユートは、qdcの1DD構成のユニバーサルIEM「Dmagic Solo」を10月8日より発売する。価格は29,980円(税込)。

「Dmagic Solo」は、高感度な8mm径フルレンジ・ダイナミックドライバーを搭載した、同ブランド初の1DD構成によるIEM。先日都内で開催された「秋のヘッドフォン祭り2022」でも参考出品されていたが、この度正式な発売が決定した。

音質面では、上述のドライバー搭載に加えて卓越したチューニングを施すことで、小型の筐体ながらパワフルかつ繊細なディテールを表現するとアピールする。

独自の「Dmagic Turboテクノロジー」を採用し、ドライバーとダイアフラムを備えるアクティブキャビティと、ダイアフラムのみのパッシブキャビティの2つの音響キャビティによる二重構造設計を実現。これにより、ノズルから出力される音が強化され、サウンドディテールの向上や低域の補強によるサウンドステージのスケール拡大を実現する。

筐体には、人間工学に基づいたライトブルー色の3Dプリント筐体を採用して優れた装着感を実現。立体的なディープブルークラック塗装を施したフェイスプレートを装備することで、透明感と立体感のあるデザインに仕上げたとのこと。なお、グローバルモデルは片側のフェイスプレートにSoloロゴが配置されるが、日本向けモデルは両側ともにqdcロゴが配置される。

ケーブルには、取り回しがしやすくニュートラルなサウンドを実現する、3in1プラグ採用の銀メッキ銅ケーブルを使用。プラグ部は着脱可能で、3.5mm 3極アンバランス/2.5mm 4極バランス/4.4mm 5極バランスと3種類の付属プラグに変更できる。イヤホン側は独自の2pin端子を装備、長さは約120cm。

周波数応答範囲は10 - 30kHz、インピーダンスは18Ω、入力感度は98dB SPL/mW。付属品として、シリコンイヤーピースを3ペア(S/M/L)、シリコンイヤーピース・ダブルフランジタイプを3ペア(S/M/L)、クリーニングツール、キャリングケースを同梱する。