Ankerは、完全ワイヤレスゲーミングイヤホン「Soundcore VR P10」を2022年冬頃に発売する。価格は14,990円(税込)。

世界初という、Made for Metaに認定された、超低遅延の完全ワイヤレスゲーミングイヤホン。VRヘッドセット「Meta Quest 2」での使用を想定し、付属のUSB-Cドングルを使用することで、約30msの超低遅延接続を実現したとのこと。これは最新のLC3コーデック対応、カスタムチップセット、2.4GHzワイヤレス接続を使用したLightningSync技術の組み合わせによるもので、高速かつ途切れにくい安定した接続を可能にすると説明している。

USB-Cドングルを用いることで、Bluetooth非対応のVRゴーグルやゲーム機などとの接続に対応。スマートフォン2台とのBluetooth接続もサポートし、ドングルで接続したゲーム機からの音を聞きながら、スマートフォンでボイスチャットや通話が行える。

ドライバーサイズは11mm。音楽の細部まで忠実に再現し、より迫力と解像度の高いサウンドでゲームを楽しめるとする。また、Soundcoreアプリからスーパーヒアリングイコライザーを使用することで、銃声や足音など、FPSで重要になる音の強化が可能だ。

連続再生時間はイヤホン単体で最大6時間、充電ケースとの併用で最大24時間となる。またUSB-Cドングルには直接充電ケーブルを挿して、1つのUSB-CポートでVRゴーグルを充電しながらゲームをプレイできる。なお、このパススルー充電」本機能はOculusのみ対応とのこと、イヤホンの充電は別途必要となる。

Bluetoothのバージョンは5.2、対応コーデックはSBC/AACと、USB-C ドングル接続時のみLC3もサポートする。またイヤホン本体はIPX4の防水性能も備える。