エミライは、FiiOのデュアルDAC構成の小型据置ヘッドホンアンプ「K7」を11月18日より発売する。価格はオープンだが、税込35,750円前後での実売が予想される。

旭化成エレクトロニクス(AKM)製の最新DACチップ「AK4493SEQ」を左右のチャンネルに1基ずつデュアル構成で搭載する。先代モデル「AK4493EQ」を進化したVELVET SOUNDテクノロジーに基づいて設計されたDACチップで、インピーダンスを最適化することで消費電力を抑制しながら、豊かな情報量や音のスピード感、リアルな空間表現を追求する。

ノイズ設計を見直すことで、カタログスペック以上に聴感上のノイズ感を大幅に改善。S/N比は最大128dB、THD+Nは-115dBと優れたアナログ特性を実現したとアピールする。

オーディオ回路は、最上位モデル「K9 Pro ESS」と共通の完全バランス設計を採用。DAC、ローパスフィルタ、ボリュームコントロール、バッファアンプ、プリアンプ、ヘッドホンアンプの6ブロックで構成されるフルバランス回路になっている。ユーザーから要望が多かったヘッドホンのバランス接続にも対応した。

ヘッドホンアンプ回路には、FiiOとTHXが共同開発したアンプ回路「THX AAA 788+」を左右チャンネルに1基ずつ搭載。フルバランス構成を徹底することで、32Ω負荷時に最大2000mW、300Ω負荷時に最大560mWの高出力を実現する。

USBデコードチップにはXMOS製の「XUF208」を採用し、再生最大周波数はPCM 384kHz/32bit、DSD 256(Native)まで対応。さらに、DSD128(DoP)のデコード能力を備え、デュアル・クロック管理技術により入力されたソースに対して常に最適なクロックを選択し、高品質なD/Aコンバートを実行する。

電源回路は音質に悪影響を及ぼす電源ノイズを抑制するために、回路の各ブロックにそれぞれ独立した電源供給を行う電源供給回路設計を採用。12Vの外部スイッチング電源から供給された電力は、各ブロックを担当する低ノイズLDOによってクリーンな状態に保たれ、それぞれ適切な量に調整された上でコンポーネントに供給される。

微細な音量調整を可能にするADCボリュームコントロール機能を装備。アナログボリュームの問題点である左右の音量差やノイズを排除しながら、112段階の細かい音量調整が可能になった。2段階のハードウェアゲイン調整機能も搭載し、本体全面のGAINスイッチを操作することで、HighとLowの2段階から調整が可能だ。

RGBインジケーターライトはK5 Pro ESSから進化し、単色表示だけでなく、複数の色を混ぜ合わせた表示が可能になった。剛性の高いアルミニウム合金素材の筐体は、CNC加工で成形された部品を丁寧に処理した上で組み立てられている。

デジタル入力端子はUSB Type-B×1、RCA同軸×1、TOS光×1、アナログ入出力にはRCA、ヘッドホン出力端子には4.4mmバランス×1、6.35mmシングルエンド×1を装備する。

各入力の切り替えは前面のINPUTボタンで行え、ボタンを押すことでインジケーターがカラフルに点灯し、切替の確認ができる。

外形寸法は120×55×168mm、質量は約610g。付属品としてUSB-A to Bケーブル、6.3mm to 3.5mm変換アダプター、電源ケーブル、ACアダプターなどを同梱する。