ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのBluetoothイヤホン「JBL TUNE125BT」を11月25日より発売する。価格はオープンだが、直販ストア価格は4,400円(税込)。

「TUNE125BT」は、同ブランドのエントリーBluetoothイヤホン「TUNE110BT」「TUNE115BT」に続く新モデル。シンプルなデザインや操作性、手に取りやすい価格帯といった従来の特長はそのままに、一部仕様をアップグレードしている。

前モデルでは最大8時間だった連続再生は2倍の約16時間となり、充電ポートにはUSB Type-Cを採用する。10分の充電で約1時間の再生が可能な急速充電をサポートする。

新たに2台のBluetoothデバイスに同時接続が可能な「マルチポイント機能」に対応。スマートフォンと接続しながら他のデバイスとペアリングすることで、オンライン会議中にスマホの着信に対応するといった活用が可能だ。

音質面では、8.6mm径のダイナミックドライバーを搭載し、JBLらしい力強い低音とクリアな高音域を実現するとアピール。ハウジングはバッテリーパックやBluetooth受信機などをケーブル部に配置することで、耳にスッキリと収まるコンパクト仕様を実現した。

イヤホン本体にはマグネットを内蔵し、未使用時には首元で左右のイヤホンを留めておくことで紛失のリスクを抑える。ケーブルにはマイク付きの3ボタンリモコンを搭載し、音量調整や曲の再生/停止/曲頭戻し/曲送りといった各種操作、ハンズフリー通話の応対などが行える。

Bluetoothバージョンは5.0、コーデックはSBC/AAC、プロファイルはHFP1.7/A2DP1.3,/AVRCP1.6をサポート。本体カラーはブラックのみ。再生周波数帯域は20Hz - 20kHz。本体質量は片側約16.2g。付属品として、充電用USB Type-Cケーブル、イヤーチップ3サイズ(S/M/L)を同梱する。