ウォルト・ディズニー・ジャパンは、講談社との約70年にわたる出版分野での関係に加え、アニメ作品を配信するという戦略的協業の拡大を発表した。

本合意の施策第一弾として、2023年1月(予定)から、『東京リベンジャーズ聖夜決戦編』をDisney+(ディズニープラス)にて定額制動画配信で見放題独占配信する。なお海外では、ディズニープラス、Disney+ Hotstarでの見放題世界独占配信となる(中国本土を除く)。

「聖夜決戦編」は2023年1月よりMBS・テレビ東京・AT-Xほか全国37局にて順次放送開始となる最新シリーズ。「8・3抗争編」「血のハロウィン編」については、NETFLIXやAmazon Prime Video、U-NEXTなど多数の見放題サービスで配信されている。

株式会社講談社 代表取締役社長の野間省伸氏は、「講談社とウォルト・ディズニー・カンパニーとの特別な関係は70年以上も前に始まり、当社はこれまでにライセンスを受けて多くの出版物を刊行してまいりました。今回の、当社作品を原作としたアニメ作品をディズニーの動画配信サービスで見放題世界独占配信していくという喜ばしいニュースは、当社にとって貴重な財産であるIP を世界に羽ばたかせることができるというだけではなく、両社の特別な関係を多角化し、益々発展させるものとして、我々も大きな期待を寄せています」とコメント。

またウォルト・ディズニー・カンパニー APAC オリジナルコンテンツ、エグゼクティブ・バイスプレジデント兼ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 代表取締役社長 キャロル・チョイ(Carol Choi)氏は、「長年のパートナーである講談社との戦略的協業を進化させ、アニメというエキサイティングな領域でその関係をさらに深めることができ、とても嬉しく思っています。日本のアニメは、我々のコンテンツ開発におけるホワイトスペースを埋めるものであり、今回の関係拡大は、ディズニーのアニメーション戦略において重要なステップであり、今後の“ゲームチェンジャー”になると信じています。また、講談社の人気アニメ作品と貴重なIPを世界の舞台にお届けできることを楽しみにしています」と述べている。