合同会社DMM.comは、本日12月1日より、新たな動画配信サービス「DMM TV」を提供開始。またDMM TVを含む、同社の各種エンタメサービスを楽しめるサブスク会員システム「DMMプレミアム」をスタートさせた。DMMプレミアム会員費は月額550円(税込)。

DMM TV(ディーエムエムティービー)は、DMM.comが目指す『マルチエンタメ・プラットフォーム』において主軸となるという新たな総合動画配信サービス。

「アニメ・エンタメ、コスパ最強」をキャッチコピーに掲げ、新作アニメカバー率100%を追求し、2022年内時点でアニメ約4,600作品、エンタメを含む12万本を配信。有料会員サービス「DMMプレミアム」に登録することで、見放題を楽しむことができる。なお、DMMプレミアムの登録には、まずDMMの無料会員登録が必要となる。

コンテンツはまず、アニメ、バラエティ、2.5次元舞台・ミュージカルのカテゴリーに注力してラインナップ拡充を推進するとのこと。さらにオリジナル番組の充実も図り、話題のクリエイターを起用したバラエティやマンガ原作ドラマ、アニメ・エンタメ好きの「推し」をもっと広く深く楽しむためのマンガ・アニメの紹介番組、2.5次元舞台・ミュージカル、声優番組など幅広く配信予定とする。

スタートにあたり、配信予定コンテンツの一部を公開。かねてより「新サービスでの配信」を予告していたオリジナルアニメ『LUPIN ZERO』は、12月16日より独占見放題配信を開始する。ほか『冰剣の魔術師が世界を統べる』は2023年1月5日より、『老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます』は2023年1月7日より、いずれも見放題作品として先行配信する。

バラエティ番組では、佐久間宣行や藤井健太郎といった人気プロデューサーによるオリジナルバラエティを配信予定。また、12月24日から下野紘と山下大輝による『下下紘輝』、12月17日から杉田智和と岡本信彦による『自称声優』、12月8日からオリジナルの “マンガ総合バラエティ” 『ウチコマ』(内田理央、生駒里奈出演)といった番組も予定しており、同3番組は無料配信となる。より詳しいコンテンツ情報は、12月14日に配信するコンテンツ発表会「DMM TVまつり」にて紹介予定とする。

また、DMMが提供するアダルト作品配信サービス「FANZA TV」も配信コンテンツとしてラインナップされる。DMM TVでは配信作品の検索・表示・視聴・購入に対し、視聴推奨年齢を4段階のレーティングで表示しており、FANZA TVの作品視聴は18歳以上の年齢制限が設けられている。利用者はこのレーティングを元に、プロフィール設定から視聴コンテンツの制限をかけることが可能となる。

レーティングの具体は「全てのコンテンツ」、「R15+コンテンツまで(「R18+」作品、グラビア作品の視聴不可)」「PG12コンテンツまで(「R18+」「R15+」作品、グラビア作品の視聴不可)」、「全年齢コンテンツのみ視聴可能(「R18+」「R15+」「PG12」作品、グラビア作品の視聴不可)」。子供と一緒に家族でDMM TVを利用する方は、自身でプロフィール機能からこれらの視聴制限の設定が必要となる。

配信方式はビデオオンデマンド配信のほか、リアルタイム形式の番組提供も予定。将来的には同時試聴しているユーザー同士が交流できるコメント機能などへの対応も進めるとしている。

対応デバイスは、iOS/Androidのスマートフォンおよびタブレット、Amazon Fire TV(2017年以降販売されたされた第3世代モデル以降が対象)、PCでのWebブラウザ視聴(ダウンロード作品はの再生は「DMM Player v2」を利用)となる。

DMM TVアプリ内にはブックタブを用意し、電子書籍サービス「DMMブックス」の作品を読むことができる。またアプリから関連グッズの購入も可能。各サービス間を移動する際にまたがる個別のログイン手続きはなく、シームレスに移行できるとのこと。

新たなサブスク会員システム「DMMプレミアム」では、あらゆるエンタメ体験がシームレスにつながった『マルチエンタメ・プラットフォーム』を目指すとし、会員になることで、上述のDMM TVを含め、アニメやマンガ、ゲーム、グッズ購入、オンラインくじやオンラインクレーンゲームなどをジャンル横断でよりお得に楽しむことができる。

初回30日間は無料で利用でき、また3ヶ月間は550円相当のDMMポイントを付与。ポイントは最大90日まで持ち越しが可能で、個別の作品購入だけでなく、DMM各サービスで利用できる。なお「DMMプレミアム」の月額料金支払いには利用できないが、月額550円(税込)と同額のポイント付与が受けられることで、「実質最大3ヶ月無料で楽しめる」とアピールする。

また、「DMM GAMES」や「DMM JCBカード」等のサービス特典や、外部アライアンス企業と連携した特典を用意。本日12月1日から23の会員特典を提供し、今後も継続的に拡充するとのこと。

本会員システムの提供により、DMM.comのプラットフォーム上でのあらゆるエンタメ体験をシームレスにつなぎ、コンテンツをより深く楽しめる世界を目指すとし、今後2年間で200万人のDMMプレミアム会員の獲得と、DMM.comのプラットフォーム全体での売上3,000億円の達成を目標に掲げている。

「DMMプレミアム」の提供に至った背景には、近年の日本のエンターテインメント業界において、ファンが主体となった作品の楽しみ方が多様化する一方で、横展開に拡張する作品・エンタメの種類をまとめて横断的に楽しめる場が少ないことを指摘し、「DMMの知見とノウハウを活かし、多様化するアニメやエンタメのユーザー体験をアップデートする」べく、本サービスをスタートさせたと説明する。

今後については、「エンタメファンが好きなことを見つけ、深め、生み出していく場を総合的に提供することで、日本のエンタメカルチャーの成長にも貢献してまいります」とコメントしている。