プラススタイルは、Yaber製のモバイルプロジェクター「Pico T1」、ホームプロジェクター「Ace K1」の2モデルを本日3月14日より発売する。価格はPico T1が54,800円、Ace K1が59,800円(表記いずれも税込)。

「Pico T1」は、スマートフォンと同等のサイズ感を実現したDLPモバイルプロジェクター。厚みはわずか13mm、重量150gのポケットサイズで、かばんやポケットに入れて簡単に持ち運ぶことができる。付属のマグネット装着式の360度三脚を使用すれば、壁、天井、車のシートバックなど様々な角度や場所に動画の投写が可能だ。充電機能も備える。

解像度は540p(960×540px)、輝度は110ANSIルーメン、光源寿命は3万時間、コントラスト比は350:1、アスペクト比は16:9、投写サイズは10〜100インチ、投写距離は0.3m〜2m。

スピーカー(1.5W×1基)を搭載。自動の垂直台形補正機能をサポートするが、フォーカス調整はマニュアル操作となる。

本体にはタッチスクリーンを装備し、ドラッグ/ドロップ/タップによってメディアやアプリの選択といった各種操作が行える。CPUは4-core ARM A53、GPUはMali-T450、RAMは1GB。Wi-Fiは2.4/5GHz接続、Bluetoothバージョンは4.0に対応する。外形寸法は150W×75H×13.1Dmm、質量は150g。

「Ace K1」は、明るさ650ANSルーメンを実現するフルHD(1,920×1,080px)解像度の液晶プロジェクター。最大300インチの大画面と内蔵する15WのHi-Fiスピーカーで臨場感あふれる映像体験が味わえるとしている。投写サイズは90〜300インチ。光源寿命は2万5,000時間、アスペクト比は16:9。

YABERが数年間にわたって研究開発した、初の完全防塵密封型光学エンジンを採用。完全密閉された光学コアに基づくことで、ほこりが入りにくく(IP5X防塵規格にも準拠)、投写した際の黒い斑点や画質の損失、ノイズを抑制する。

オートフォーカスと自動台形補正機能をサポート。あらゆる角度から完璧なアスペクト比を計算し、手動操作なしに自動でディスプレイの角度を修正する。Wi-Fi 6(2.4GHz/5GHz)、Bluetoothバージョンは5.0に対応。外形寸法は299×256×136mm、質量は3.9kg。