ハーマンインターナショナルは、同社取り扱いブランドの秋季新製品を一同に発表するイベント「HARMAN ExPLORE TOKYO 2023」を開催。カラーバリエーションモデルも含めれば160製品が展示されたなかから、これから登場を予定する参考展示品を中心にレポートしたい。

■JBL「Classic Components」シリーズ

Classicシリーズのコンポーネント群として、プリメインアンプ「SA550」 、CDプレーヤー「CD350」、ストリーミングプレーヤー「MP350」、アナログプレーヤー「TT350」の4モデルが一斉展示された。

想定売価はSA550が税込250,000円前後、CD350が税込99,000円前後、MP350が税込110,000円前後、TT350が税込143,000円前後。いずれも手の届きやすい価格帯を実現するため、機能を絞ったエントリーモデルとして位置づけられる。

ただし高いクオリティを獲得するための仕様に妥協はなく、例えばTT350ではダイレクトドライブ方式や本格的なトーンアームを採用するなど、音質的なこだわりが投入されている。

各モデルにはエクスクラメーションマーク(「!」)のアイコンを配置。60年代の銘機「SA600」、それをオマージュした創立75周年記念モデル「SA750」から続くデザインを踏襲したものとなっている。

なお、年内の発売予定としてBluetooth対応アナログプレーヤー「SPINNER BT」も展示されていた。こちらはアナログ再生に関心を抱く若年層もターゲットとして、ベルトドライブ仕様にするなどコストを抑えつつ、MM対応フォノイコライザーを内蔵するなど使いやすさを追求。税込50,000円前後での販売を考えているという。

■耳をふさがないスタイルの「SOUNDGEAR SENSE」など完全ワイヤレスイヤホン

ポータブルオーディオ関連製品からは、欧州では8月末に発売されたブランド初の “耳を塞がないイヤホン” 「SOUNDGEAR SENCE」が国内初展示。価格は税込22,000円前後を見込む。

骨伝導ではなく、16.2mmドライバーを搭載した耳元の小型スピーカーから音を鳴らす “ながら聴き” イヤホン。いわゆる開放型の形式を取っているが、逆位相の音をぶつけることで周囲への音漏れを防止する「OpenSoundテクノロジー」を搭載する。

イヤーフックは可動式で、付属のバンドを装着することでネックバンド型イヤホンのようなスタイルで着用することもできる。

通話用マイクは計4基を搭載し、クリアな音声通話を実現。片方のイヤホン単体使用も可能な「デュアルコネクト+Sync」機能や、2台のデバイスに同時接続可能なマルチポイントに対応する。連続再生時間は充電ケース併用で最大24時間のロングバッテリー仕様となっている。

本モデルの展開について同社スタッフは「他社製品も同様のモデルを発売していく中、JBLが発売するに当たってサウンドの低域を強化することで、開放型ながら “ブランドのサウンドイメージ” を実現。既存製品との差別化を図りたい」と説明してくれた。

ほか完全ワイヤレスイヤホンでは、ブランドのフラグシップ「TOUR PRO2」の国内限定カラー「聴色(ゆるしいろ)」が登場。既発のブラック、シルバーを含めて3色の展開となる。

ヘッドホン製品としてはLIVEシリーズより「LIVE 770 NC」が参考出展。リアルタイムで周囲のノイズ成分を監視し、ノイズキャンセリングする周波数帯とレベルを調整する「リアルタイム補正」機能を備えたワイヤレスタイプのオーバーイヤーヘッドホンで、価格は税込22,000円前後を見込む。

ユニットには40mm径のドライバーを搭載し、「妥協のないJBLサウンド」を提供すると謳う。高いクッション性のイヤーパッドとファブリック地のヘッドバンドにより、快適な装着感と異素材組み合わせによるスタイリッシュなデザインを表現した。カラーバリエーションはブラック/ホワイト/べージュ/ブルーの4色を揃える。

さらにブランドのフラグシップモデルとして、高度な音声認識アルゴリズムの搭載により、自動的にトークスルー機能をオンにするワイヤレスヘッドホン「TOUR ONE M2」も展示された。

■JBLサウンドバーのラインナップが拡充、より選びやすく

JBLは現在、「BAR 1000」および「BAR 500」といったサウンドバーシリーズを展開しているが、ここに5.1.2ch対応の「BAR 800」、5ch対応の「BAR 300」が新たに加わる。

BAR 800はフラグシップのBAR 1000と同じく、充電式のワイヤレスリアスピーカーが一体となった “完全ワイヤレスサラウンドシステム” 仕様が特徴。合計11基のスピーカードライバーを搭載し、サブウーファーもセットで5.1.2chに対応する。価格は税込99,000円前後を見込む。

BAR 300は現行モデル「Bar 5.0 MultiBeam」の後継に位置づけられるというサウンドバーで、計6基のスピーカーによるバーチャルサラウンド再生に対応する。想定売価は税込49,500円前後となり、シリーズとして価格レンジを広げた格好だ。

■ワイヤレススピーカーもラインナップを追加

Wi-Fi対応スピーカーとして「AUTHENTICSシリーズ」から、「AUTHENTICS 200」(税込49,500円前後)および「AUTHENTICS 300」(税込66,500円前後)が今後の発売を予定する。ともにDolby Atmos対応としており、アトモスベースのコンテンツをバーチャライゼーションをかけることで再生。3ウェイ構成スピーカーだが、立体感のある再生が可能だという。

「BOOMBOX 3 WiFi」(税込79,200円前後)と「CHARGE 5 WiFi」(税込33,000円前後)は、ともにBluetooth対応だった従来モデルにWi-Fi対応機能を追加している。大容量バッテリーでの長時間再生が可能で、BOOMBOX 3 WiFiは最大約24時間、CHARGE 5 WiFiは最大約20時間の再生が行える。

JBLのパーティースピーカーシリーズ「PARTYBOX」からは、現在GREEN FUNDINGにてクラウドファンディング中の「PARTYBOX 710」と「PARTY BOX ENCORE」が参考出展。今回のイベントで初お披露目となるPARTY BOX ENCOREは、片手で持ち運びやすい可搬性を備えたポータブルスピーカー。価格感は税込33,000円前後を予定している。

シリーズ最小設計の「PartyBox Encore Essential」に、付属品として単一指向性のデジタルワイヤレスマイクを同梱したモデル。ワイヤレスマイクは税込15,000円前後にて、単品での販売も検討中とのことだ。

スピーカーとしてのスペックはEncore Essentialに準じており、小型サイズながら100Wの出力を実現。ワイヤレスでスピーカーを増設できる「TWS」モードを備える。連続再生時間については、最大約6時間から、約10時間へとアップデートするなど、バッテリーライフの向上が図られている。

担当者の話では、ジャンルこそ「パーティースピーカー」と銘打つものの、法人窓口を介して文教系の引き合いが多いとのこと。ダンスが必修科目になった学校への納入や、ライティングが人目を引くといった理由から、選挙演説時にマイクに繋げて使用するといったニーズも高いという。

■harman/kardonのデザインに優れたスピーカー群

harman/kardonからも、いずれも年内発売予定としてスピーカー製品が展示された。ポータブルBluetoothスピーカーとしては、完全新作の「LUNA」およびシリーズ最新モデル「GO+PLAY 3」が登場。ともにバッテリーを搭載しており、LUNAは12時間、GO+PLAY 3は8時間再生が可能だ。

「GO+PLAY」はiPod/iPhone用スピーカーとして展開されていたが、接続するためのDock端子を排することで小型化。マイク搭載で会議にも用いることができるとのことだ。

アクティブスピーカー「SoundSticks 4」には新色ブラックが追加。360度スピーカー「Aura Studio 4」には5色のカラー展開が予定されているという。

■野外使用を想定したスピーカーも

JBL PROFESSIONALブランドからは、「Control Contractor」シリーズの最新モデルとして、設置場所のイメージを崩さないようデザインされた野外向けスピーカー製品群の展示も行われた。

テーマパークやカフェのテラス席、オフィスのエントランスなど様々なシーンへの設置が可能だとしており、それぞれパッシブスピーカーやサブウーファーのため、防水設計の端子でケーブル接続を行う。主にBtoC向けとなるが、それに留まらずBtoB向けの展開も実現していきたいと担当者は語っていた。