シャープは、コンパクトなデザインながらDolby Atomos(ドルビーアトモス)にも対応するサウンドバー「HT-SB700」を11月25日より発売する。価格はオープンだが、市場では30,000円前後(税込)での実売が想定される。

HT-SB700は、出力20W+20Wのフロントスピーカーに加え、15W+15Wの前向きに20度傾けたハイトスピーカーを搭載した2.0.2chのサウンドバー。スピーカーは全てフルレンジを採用。ハイトスピーカーを搭載することで高さ方向の音もサウンドバー単体で再現でき、立体音響技術のドルビーアトモスにも対応する。

フロントスピーカーには、バスレフダクト構造を採用したことで低域の表現力も高めており、ハイトスピーカーの音場再現と相まって、より没入感のある3Dサウンドを実現しているという。

横幅52cm×高さ7.2cm×奥行き11.3cmという、コンパクトな筐体設計を実現しており、テレビ台やスタンドの棚板の上といった狭スペースでも設置性の高さを確保。また、本モデルは、同社のテレビ「AQUOS」の42〜55インチサイズを組み合わせるのにお薦めとしている。質量は、1.7kg。

テレビ「AQUOS」のリモコンでも操作できる「AQUOSファミリンク」にも対応しており、ボリューム操作からサウンドモードの切り替え、ミュートなどのコントロールが可能だ。また、電子番組表と連動させることで、視聴している放送番組に適したサウンドモードに自動で選択が切り替わる「ジャンル連動」も搭載する。

豊富なサウンドモードを備えているのもHT-SB700の特徴で、MUSIC/CIEMA/DIRECT/NEWS/NIGHTといった、コンテンツや好みに合わせて5つのサウンドモードが選べる。また、ハイトスピーカーのオン/オフができる「3D」、サウンドのオン/オフができる「SURROUND」、小音量時の音を聴きやすくする「DRC」といった調整も可能だ。

搭載する主な入出力端子は、HDMI出力×1、光デジタル音声入力×1、ステレオミニ×1。HDMI出力端子は、eARC/ARCに対応。主な対応オーディオフォーマットは、Dolby Atmos(Dolby TrueHD/Dolby Digital Plus)/Dolby TrueHD/Dolby Digital Plus/Dolby Digital/PCM/AACをカバーする。

ワイヤレス機能として、Bluetooth 5.3に対応しており、音声コーデックはSBC/AACの再生が可能。消費電力は、15W(待機時約1.1W)。HDMIケーブルは、eARC/ARCの伝送できるモデルを付属する。他社のテレビと組み合わせた際、サウンドバーを置いたことによりリモコンが信号がテレビの受光部に届きにくくなってしまうのを防ぐため、赤外線の拡散シートも同梱している。