音と映像と通信機器の総合展示会「Inter BEE 2023」が、本日11月15日(水)から17日(金)まで開催される。本稿では、ヤマハ、ボーズ、ミックスウェーブ、須山歯研のブースの模様をレポートしたい。

■ヤマハミュージックジャパン&ヤマハサウンドシステム

ヤマハミュージックジャパンでは、主力商品のデジタルミキサーやヤマハイマーシブオーディオソリューションを体感できる「ヤマハイマーシブオーディオデモルーム」が登場。

Yamaha/NEXO/Steinbergによるコラボレーションと、ヤマハの立体音響技術「AFC(アクティブフィールドコントロール)」によるサウンドソリューションを紹介するプレゼンテーションやセミナーを実施。プレゼンテーション・セミナーへの参加は各回50席のみとなり、整理券がヤマハブース受付にて10時より配布される。

製品群では、新製品のデジタルミキシングコンソール「DM7 Series」「DM3 Series」や新世代シグナルプロセッサー「DME7」を中心に展開。本日11月15日に発表されたパワードスタジオモニタースピーカー「HSシリーズ」の新モデル「HS4」「HS3」の実機も展示されている。

ヤマハサウンドシステムでは、音響システムの音声、制御、映像等の信号を伝送するネットワークの監視を行い、潜在するトラブルを未然に防ぐシステム ソリューション「ネットワーク監視システム」を出展。イマーシブオーディオデモルームにて稼働中の機器と接続し、動作状況をチェックすることができる。

■ボーズ

ボーズでは、Powersoft社と共同開発した新型アンプ「PowerShareX」シリーズや人気のポータブルPAスピーカーの最新モデル「S1 PRO+」を展示する。S1 PRO+はワイヤレス機能の強化や軽量化が図られている。

ベルーナドームを筆頭に国内の多くの屋外競技場で採用されている「ArenaMatch」シリーズ、12個の2.25インチ・フルレンジドライバーを搭載するパワード設計のラインアレイスピーカー「Panaray MSA12X modular steerable array loudspeaker」など、商業施設、文教施設、企業の会議室、屋外競技場など、あらゆる空間に最適なシステムを提案する。

■須山歯研 / ミックスウェーブ

須山歯研では、現在開発中のFitEarブランド初の業務用モニターヘッドホン「Monitor-1」のプロトタイプを展示。ワイドレンジでフラットな特性を備える高耐久性の40mmダイナミックドライバーを搭載し、FitEarのカスタムイヤーモニターとの整合性は維持しつつ、より幅広いシーンでの利用を想定しているという。

ブース内でMonitor-1を試聴してアンケートに答えると、回答者の中から抽選で10名に本モデルの製品版がプレゼントされる。賞品の発送は製品発売以降となり、発売時期は来年2月以降を予定する。価格は未定。

業務用カスタムIEM「Pro Audio 335DW」をよりブラッシュアップした新モデルも参考出展されており、従来モデルとの比較試聴ができる。搭載ドライバー等に変更はないものの、内部構造が改良され、製品開発顧問を務めるマスタリングエンジニア・原田光晴氏の協力のもとサウンドに磨きをかけたという。単体での販売に加えて、既存の335DWに対するアップグレードサービスの提供も予定しているとのこと。

ミックスウェーブでは、amphion初の3ウェイ・アクティブ・スタジオモニター「One25A」を国内初展示。amphion独自の“ひねりを加えた”音響設計を施すサウンドを試聴することができる。Prism soundのAD/DAコンバータ「ADA-128」やAPIのミキシングコンソール「2448」を出展する。