SOUNDPEATSは、独自の音響構造技術を採用したオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン「GoFree 2」を、11月22日より順次発売する。価格は7,880円(税込)。カラーバリエーションはブラック/ホワイト/ベージュの3色で、ホワイト/ベージュのみ12月上旬の発売となる。

「GoFree 2」は、耳穴を塞がずにドライバーユニットを耳もとへ浮くよう配置するオープンイヤー型を採用した完全ワイヤレスイヤホン。周囲の音を聞き取れることで屋外でも安心して使用でき、「ながら聴き」にも最適とアピールしている。

本体は耳掛け構造によって歩いている際もズレにくく、片側約9gの軽量設計により長時間装着しても疲れを感じさせないとアピール。また、音の出口をドライバーユニット先端に配置することで、音漏れも防止するとのこと。

ドライバーには、大口径16.2mm径振動板を採用したダイナミック型を搭載し、低音域の量感アップを図ったと説明。加えて、同社のオープンイヤー型BTイヤホン「RunFree」でも採用した独自の音響構造技術を改良した「ラムダ型音響空間(Lambda-shaped acoustic cavity)2.0」を採用。これにより、音の広がりと奥行きを感じさせる自然なサウンドを実現したという。

高音質Bluetoothコーデック「LDAC」に対応しており、LDACの再生機器と組み合わせることで最大96kHz/24bitのハイレゾ相当のサウンドが楽しめる。一般社団法人日本オーディオ協会が定める各種基準をクリアした、ハイレゾオーディオワイヤレス認証も取得している。

片側2基ずつの計4基の音声通話用マイクを内蔵。環境ノイズを低減してクリアな音声通話を実現するというENCノイズキャンセリングも備える。2台までのデバイスと同時接続可能なマルチポイント接続に対応するほか、イヤホンを片側のみで使用できる片耳モードも搭載する。

専用アプリ「SOUNDPEATS」と連携することで10バンドのEQ調整が行える。連続再生時間はイヤホン単体で9時間、充電ケース併用で35時間。IPX5規格の防水性能にも準拠する。Bluetoothコーデックは上述したLDACに加えてAAC/SBC、プロファイルはHSP/HFP/A2DP/AVRCPをサポートする。付属品として、USB Type-C充電ケーブルなどを同梱する。

あわせて、明日から先行セールが開始される「Amazonブラックフライデー2023」にて、GoFree 2を含む同社製品が特別セール価格で販売される。また、セール価格に加えてAmazon販売ページ上に掲載されるクーポン、および一部製品のみの専用割引クーポンを適用することで、最大50%オフで購入できる。

例として、GoFree2はセール価格として6,698円で販売されることに加えて、販売ページ上のクーポンでさらに10%オフ、また専用割引クーポン「GOF2BK5NEWS1」を適用することでさらに5%オフと、最終価格は28%オフの5,693円で購入できる。期間は11月22日(水)0:01から12月1日(金)23:59まで。ほか、セール対象品は以下の通り。

・「GoFree2 ブラック」 ※特別クーポンコード「GOF2BK5NEWS1」

・「Air4 Pro ブラック」※特別クーポンコード「A4PBFCMNEWS1」

・「Air4 Pro ホワイト」※特別クーポンコード「A4PBFCMNEWS1」

・「Clear ブラック」

・「Clear ホワイト」

・「Space」

・「Air4 ブラック」

・「Air3 deluxe HS ブラック」

・「Capsule3 Pro ブラック」

・「Mini Pro HS」

・「Engine4」

・「RunFree」

・「Mini HS」

・「Sonic」

・「Q30HD+」

・「Opera05」

・「H1」