ヘッドホン/イヤホン関連ブランドが多数集うイベント「冬のヘッドフォン祭 mini 2024」が開幕。ティアックがヘッドホンアンプ/プリアンプ「HA-507」を世界で初めて参考出品したほか、エソテリックブランドが本イベントに初参加。また、LETSHUOERやintimeなどは未発表製品の参考展示を行っていた。

■ティアックのアナログアンプ「HA-507」初披露

ティアックは、ティアックブランドの製品に加えて、エソテリックブランドの製品も展示。エソテリックはブランドとしてはヘッドフォン祭に初参加となった。

ティアックブランドでは、“REFERENCE 500シリーズ”にアナログアンプ「HA-507」を追加することを明らかに。AB級のアナログアンプで、入力にバランスとアンバランスを2系統ずつ、出力にバランスとアンバランスを1系統ずつを装備。また本機をセパレートのプリアンプとして、REFERENCE 500シリーズのパワーアンプ「AP-505」と組み合わせて使うこともできる。

ヘッドホン出力は4ピンXLR、4.4mmバランス端子、3.5mmステレオミニ、6.3mmを装備。ゲインも3段階で切り替えできる。

エソテリックブランドでは、ネットワークプリDAC「N-05XD」などを体験可能。ブーススタッフは、「おかげさまで売れ行きも好調で、『ヘッドホンで使いたいから買った』というお客様も結構いらっしゃる」と語っていた。

■LETSHUOERやintimeから新イヤホン参考展示

ナイコムは、THIEAUDIO「Hype 4」を始めとした発表直後の新製品を展示。LETSHUOERブランドからは、イヤホン「Cadenza 4」とリケーブル「LR-Nebula」を参考出品している。

「Cadenza 4」は、10mmベリリウムコーティング振動板によるダイナミックドライバーと、Sonion製BAドライバー1基、Knowles製BAドライバー2基という、1DD+3BAドライバー構成を採用。同ブランドのフラグシップモデル「Cadenza 12」のチューニングを踏襲したモデルだとのこと。3月に税込42,000円での発売を予定している。

「LR-Nebula」は台湾製の0.08mm 6N高純度単結晶銅の撚り線を用いたリケーブル。3.5mmシングルエンド/4.4mmバランス端子モデルを用意し、イヤホン側との接続端子は0.78mm 2Pinを採用している。3月に税込27,000円程度での発売を予定しているという。

またオーツェイドは、intimeブランドの新イヤホンを参考展示。製品名や型番はまだ決まっていないが、現行モデル「碧Light」の後継機のような位置づけ(置き換えるのではなく、併売の可能性もあり)だとのこと。「ヌケのいい音が特徴で、音場も広い」としており、3.5mmシングルエンドとUSB Type-C端子の2タイプをラインナップする。