エミライは、同社が取り扱うFIIOブランドからUSB-DACアンプのフラグシップモデル「KA17」を2月23日に発売する。価格はオープンだが、税込の市場想定価格を26,400円前後としている。

KA17は、ESS製フラグシップ・2ch DAC「ES9069Q」を2基搭載しており、第4世代の32ビット “HyperStream” アーキテクチャによって、高性能と低消費電力を両立。高効率な安定動作を実現するデジタルコアであるXMOS 16コア「XU316」も併せて採用したことで、PCM・768kHz/32bit、DSD512(22.4MHz/1bit)、MQAフルデコードまで対応する。

また、XU316チップによって正確な調整が可能な「PEQ機能」を新開発。FIIOのエンジニアが独自開発したPEQアルゴリズムとインターフェースによって、10の周波数ポイントによる高度なカスタマイズ、ゲインやバンド幅の調整が可能となっている。

スティック型DACアンプながら、650mW+650mWの高出力を実現しており、さらにデスクトップモードを搭載。デスクトップモードでは、高インピーダンスのヘッドホンでも力強くドライブできるとしている。また、THXのヘッドホンアンプ「AAA 78+」、オペアンプ「OPA1662」を2基実装する。

内部電機設計には、メイン電源、D/A変換、デジタルプロセッシングの3ステージに渡るラインで、10系統に分岐された電源設計を行っている。回路ブロック毎で緻密なエンジニアリングを行うことで、最適なパフォーマンスを成し得たとする。

基板構成は、デジタル処理回路とアナログ回路に物理的に分離させ、さらに各々に電磁シールドカバーを施し、相互干渉を限りなく排除する仕様としている。温度保護、DC出力程、出力上限設定といった機能も採用した。

ディスプレイには、0.91インチ・ドットマトリックスディスプレイを投入。高い質感のアルミ筐体には、ボリュームボタン、マルチファンクションボタン、デスクトップモードのオン/オフボタンといったハードウェアボタンを装備する。

本モデルは、スマートフォン/タブレット/PCなどの再生機器との接続と電源供給用のポート、オレンジ色でマークされた電源供給用のポート、全2基のUSB Type-Cポートを備えており、より高い電力出を叶えている。

出力端子に3.5mm(アンバランス)×1基、4.4mm(バランス)×1基を搭載。3.5mm出力端子からはS/PDIFデジタル出力も可能で、PCM 96kHz/32bitまでサポートする。カラーはブラック/ブルーの2色を用意。各カラーに合わせた合皮レザーケースも標準で付属する。外形寸法は約27.7W×12.7H×64.0Dmm、質量は約33.5g(ケーブル除く)。