ミックスウェーブは、Beat Audioのイヤホンケーブル「Signal MKIII」「Emerald MKIII」を、3月29日より発売する。価格はいずれもオープン。ラインナップと予想実売価格は以下の通り(表記いずれも税込)。

■Signal MKIII

・4芯モデル:72,000円前後

・8芯モデル:104,800円前後

■Emerald MKIII

・4芯モデル:94,800円前後

・8芯モデル:136,900円前後

「Signal MKIII」は、高い解像感や細かなディテール表現が特色のイヤホンケーブル “Signalシリーズ” の第3世代モデル。イヤホン側端子はMMCX/2Pinコネクター、プレーヤー側端子は3.5mmステレオミニ/2.5mmバランス/4.4mmバランスから選択できる。

導体には、2つの異なる配合の銅/銀合金と純銅、計3種類の素材を採用。中心軸に純銅の低域強化コアを配することで、バランスの取れた分離感と低域のパワフルさを両立したと説明する。

前モデルと比較してセパレーションがさらに改善され、複雑なオーディオソースにおいてもディテールを犠牲にすることなく、優れたバランスを実現。豊かな中音域や滑らかに伸びる高音域、輪郭のはっきりした音像により、より高い解像感のある音楽体験が味わえるとしている。

ケーブルスリーブには、ブランドの最新技術を導入したフラグシップモデルと同等のものを採用。素材の配合を見直すことで、より高い透明感や、柔らかく優れた取り回しを実現し、前モデルよりも絡まりにくくなったとしている。ケーブル長は約1.2m。

「Emerald MKIII」は、イヤホンケーブル “Emeraldシリーズ” の第3世代モデル。こちらもイヤホン側端子はMMCX/2Pinコネクター、プレーヤー側端子は3.5mmステレオミニ/2.5mmバランス/4.4mmバランスをラインナップする。

シリーズでは初めて構造革新を行い、コアを一新することで低域の包み込みとふくよかさを強化。また、外装にフラットリボン状の銀を用いたスパイラル構造を採用することで、ディテール表現やセパレーション、サウンドステージの横方向への広がりが前モデルと比較して30%ほど向上したという。

導体には、銀をベースに6種類のマテリアルを含んだ合金を使用。その合金を撚り合わせた外周に、銀を磨き上げて作られたリボンを巻きつけて表面積を拡張した。このスパイラル構造により、信号伝達の効率が改善し、よりロスなく音を伝達できるようになったとする。

加えて、導体とリボンの間には「アイソレーションレイヤー」を設け、互いを分離。これにより、形状の異なる素材がそれぞれの機能をより発揮できるようになり、音色の違いがより際立ってメリハリのあるサウンドを生み出すとのこと。

本モデルもSignal MKIIIと同じく、フラグシップモデルと同等のケーブルスリーブを採用。高い透明感と取り回しの良さ、絡まりにくさを実現しているという。ケーブル長は約1.2m。