キヤノンは、VR撮影システム「EOS VR SYSTEM」を発表。対応製品として、専用レンズ「RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」とPCソフトウェア2本を12月下旬に発売する。レンズの価格はオープンだが、同社直販ストアでは275,000円(税込)の販売となる。

同社が培ってきた光学技術を生かすことで、高画質な映像と効率的なワークフローを実現するというVR映像撮影システム。既発売のミラーレスカメラ「EOS R5」と専用レンズの組み合わせにより、8K相当の180度映像が撮影できる。

専用レンズとなるRF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYEには2眼のレンズを搭載し、それぞれから入射する光を単一のCMOSセンサーで記録可能。映像制作ワークフローの効率化として、撮影前のカメラ位置の調整や同期設定、撮影後に映像を繋ぎ合わせるスティッチ作業が不要となっている。

また、撮影した映像をVR規格形式に変換するための有償ソフトウェアとして「EOS VR Utility」と、Adobe Premiere Pro用のプラグインを用意する。価格はどちらもオープン。なお、EOS VR Utilityではトライアルとして、静止画や2分以内の動画は無償で利用できる。