ソニーは、世界初となるグローバルシャッター方式のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9 III(ILCE-9M3)」を2024年1月26日(金)に発売。2023年11月16日(木)10時より予約受付を開始する。価格はオープンだが、税込88万円前後での実売が予想される。

全画素を同時に露光・読み出しを行うグローバルシャッター方式を、レンズ交換式デジタルカメラとして世界初採用。従来用いられていたローリングシャッター方式が画像の撮像面上部の画素から順に読み出すのに対し、グローバルシャッター方式ではすべての画素を同時に読み出すため、高速で動く被写体を撮影する時でも歪みのない映像表現が可能になったと同社はアピールしている。

イメージセンサーは、有効約2420万画素のメモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOS「Exmor RS」を搭載。上述したグローバルシャッター機構と、画像処理エンジン「BIONZ XR」により最高約120コマ/秒のAF/AE追従でブラックアウトフリーの連続撮影を実現させた。

さらに、高密度な像面位相差AFやAIプロセッシングユニットによる「リアルタイム認識AF」で高精度に被写体を認識。8.0段の光学式5軸ボディ内手ブレ補正を備え、高品位な画像描写が可能だと謳う。

グローバルシャッターを用いることで、シャッタースピード最速1/80000秒を実現し、高速で動く動体でも止まっているかのような一瞬を捉えた表現が可能に。対応するソニー製フラッシュを装着した際は、シャッタースピード1/80000秒までの全速でフラッシュを同調して撮影することもできる。

その他撮影アシスト機能として、シャッターを全押しする前の瞬間(半押しの状態)を最大1秒前まで遡って記録できる「プリ撮影機能」、連続撮影速度を変えて撮影できる「連写速度ブースト」、RAW画像を4枚から32枚撮影し、パソコンで合成することで、さらに低ノイズの画像が撮影できる「コンポジットRAW撮影」といった機能を備える。

動画撮影機能では、αシリーズとして初めて4K 120pの高解像ハイフレームレートの映像でもクロップなしでの動画記録を実現。6Kオーバーサンプリングによる4K 60p動画の撮影もサポートする。また、同社のデジタルシネマカメラ「VENICE」の開発を通じて培った画作り「S-Cinetone」や、S-Log3にも対応する。

電子ビューファインダーは約0.9倍・約944万ドットで、液晶モニターは約209万ドットの4軸マルチアングルモニターを搭載。タッチ操作にも対応する。メモリーカードスロットはCFexpress Type A/SDカード両対応のスロットを2基備える。

外形寸法は約136.1W×96.9H×82.9Dmm、質量は約618g(バッテリー/メモリーカード除く)。別売の専用アクセサリーとして縦位置グリップ「VG-C5」も発売。こちらの価格は税込55,000円となる。