DJIは、ジンバル搭載の小型カメラ「DJI Pocket 2」を10月31日に発売する。価格は標準版が税込49,500円、Coreatorコンボが税込64,900円。

コンパクトなボディながらも、3軸ジンバルによる手ブレ補正機能を搭載した4Kカメラ。Osmo Pocketの2代目として、性能をアップグレードしたとしている。

センサーは従来の1/2.3インチから、1/1.7インチに拡大した。レンズの焦点距離は20mm(35mm判換算)で、絞り値はF1.8。オートフォーカスは位相差検出とコントラスト検出を組み合わせたハイブリッドAF2.0となり、迅速かつ正確に焦点を調整するという。

静止画では通常16MP、高解像度モードでは64MPの撮影が行えるほか、動画では最大で4K/60fps 100Mbpsに対応する。HDR動画や、64MPモードを使用した8倍のズーム、1080pまたは16MPモードの4倍ロスレスズームにも対応する。

録音のシステムも一新され、4つのマイクを用いた「DJI マトリックス ステレオ」を搭載する。マイクは手で持った際に塞がない位置に配置され、カメラの向きに合わせて収録方向を調整したり、カメラがズームインすると録音領域を狭めたりすることが可能。風ノイズ低減機能も備える。

機能面の充実も図られ、インテリジェント機能として、瞬時に起動するクイック起動、カメラの損傷を防ぐ落下検出、録画一時停止機能などを搭載。ほか、撮影パラメーターを詳細設定できるプロモード、被写体を追尾するActiveTrack 3.0、スローモーション、タイムラプス、パノラマ、ライブ配信などを備える。

アクセサリーとして、ワイヤレスマイクセットや防水ケース、ミニ操作スティック、延長ロッド、広角レンズ、ワイヤレスモジュール、スマートフォンクリップなどを用意。モジュラー設計によって本体底部を取り外してアクセサリーを取り付けることができる。

標準版では、本体の他にミニ操作スティックと三脚マウントを付属する。Creatorコンボでは、これに加えて広角レンズとワイヤレスマイク、マイクロ三脚アクセサリー、そしてスピーカーや3.5mmオーディオポートなどを備えるDo-It-Allハンドルがセットになっている。

外形寸法は124.7×38.1×30mmで、質量は117g。875mAhのバッテリーを搭載し、1080p/24fps動画撮影時で140分の駆動が行える。また、記録メディアは最大256GBまでのmicroSDカードとなる。