iPhone向けの次期システムソフトウェア「iOS 16」は、9月13日に配信開始されることが公式サイトで告知されている。それに先立ち開発者向けにリリースされたiOS 16 RCで、偽造AirPodsを検出するとユーザーに警告を出すことが明らかとなった。

RCとはリリース候補版(release candidate)であり、このバージョンで特に問題がなければ、そのまま正式版として配信される見通しだ。

さて米9to5Macは、iOS 16 RCの内部システムファイルから見つかったコードにより、世界中ではびこっているAirPodsの偽造品を検出できることが判明したという。

これら偽造品の中には、本物のAirPodsをそっくりコピーしたものがあり、自動ペアリングやバッテリーインジケーターなど、一部のソフトウェア機能までも動作できるとのことだ。

実際に偽造品をペアリングしようとすると「これらのヘッドフォンは、本物のAirPodsとして確認が取れず、期待通りの動作をしない可能性があります」というメッセージが表示されるそうだ。さらに「詳細」ボタンをタップすると、アップル公式サイトにある、本物のAirPodsを見分ける方法についてのサポート記事に移動するという。

また、この警告には「接続しない」オプションも表示されるとのこと。また少なくとも現時点では、これらの偽造品をiPhoneやiPadで使えないようシステム的にブロックする気配はないようだ。

一方で、サードパーティ製のワイヤレスヘッドホンには、この仕組みは発動しない。このシステムは、あくまでアップルの公式プロトコルごと詐称しようとする偽造AirPodsに特化し、検出するために作られたものらしい。

またiOS 16 RCのコード内からは、新AirPods Proのケースにメッセージやミー文字が刻印されている場合、それらがメモリにエンコードされた状態で提供されることがわかったという。それによりiPhoneやiPadとペアリングすると、それを読み取って刻印された状態のケースが表示されるようになるとのことだ。

すでにアップルはiPhoneやiPadの非純正アクセサリーを検出すると、ユーザーに警告を発するようになっている。

それにしても、同社がiOSで対応することを迫られるほど、ハードウェアのみならず、ソフトウェア的にもAirPodsを偽造する業者が蔓延していたとは、少なからず驚きといえそうだ。

Source: 9to5Mac