米スタートアップのMojo Visionは、ディスプレイ内蔵スマートコンタクトレンズ「Mojo Lens」を発表した。

AR(拡張現実)技術により、スマートフォンやヘッドマウントディスプレイ(HMD)、ARグラスなどに、インフォメーションやデジタルコンテンツなどを現実世界と重ね合わせるように表示できるが、その機能をコンタクトレンズに持たせたものとなる。

同社ではARデバイスは装着するのは現実的に難しいことから、没入体験が難しいと指摘しており、そのことから “Invisible Computing” という概念による邪魔にならないディスプレイを開発したとしている。

その設計には眼鏡技能士や技術者、医療専門家が携わっており、独自の専用マイクロエレクトロニクスと世界で最も高密度のマイクロディスプレイを使用することで、デジタル画像と情報をシームレスに表示できるという。

現在は実証実験の段階にあり、発売などは未定とのこと。