Dragon Ashの楽曲延べ322曲、ミュージックビデオ52本、ライブ映像6本が、SpotifyやAmazon Music、AWA、YouTube Musicなどの各種音楽ストリーミングサービスにて配信開始された。

1997年2月21日にミニアルバム『The Day dragged on』でメジャーデビュー。続く4月には2ndミニアルバム『Public Garden』をリリース、以来28枚のパッケージシングルと11枚のオリジナルフルアルバムをリリース。CDセールスはトータル1000万枚を越えるDragon Ash。

1997年から現在に至るまで、リリースされた楽曲は300曲を超える。この度ストリーミング配信されるのは、のべ322曲の楽曲、52本のミュージックビデオ、6本のライブ映像となる。

配信開始となる楽曲には、1stシングル「Rainy Day And Day」やブレイクのきっかけとなった2ndシングル「陽はまたのぼりくりかえす」、映画バトルロワイヤルの主題歌「静かな日々の階段を」、アルバム『HARVEST』に収録され、ミリオンセールスをあげたシングル「Life goes on」や、2002年 FIFAワールドカップ「コリア・ジャパン」公式アルバムにも収録された「Fantasista」といったヒット曲だけでなく、シングルのカップリング曲なども含まれる。

ミュージックビデオは、バンド初のミュージックビデオ「天使ノロック」から最新「Ode to Joy」までの52本がストリーミング開放された。