マツダは、MAZDA新世代商品群の第3弾となるコンパクトSUV「MX-30」を、日本国内に今秋導入することを発表した。

MX-30は、「第46回東京モーターショー2019」にて、マツダ初の量産EVモデルとして世界初公開した。このEVモデルに加え、マイルドハイブリッドモデル(国内仕様)もラインナップに追加される。

マイルドハイブリッドモデルは、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル"Zoom-Zoom"宣言2030」にもとづき、地域ごとに最適な動力源を適用するマルチソリューション戦略の一環として、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID」を組み合わせた「e-SKYACTIV G」を搭載する。

これにより、静かでスムーズな発進と上質なドライブフィールに加えて、モーターのエンジンアシストによる優れた燃費性能を実現。「自動車の常識にとらわれることなく、新しい価値の創造に挑戦した、人とクルマの新しい関係を提案するクルマ」とアピールされている。なおEVモデルは、今年度中にリース販売を開始する予定だ。

MAZDA新世代商品の第1弾「MAZDA3」、第2弾「CX-30」は、ともにオーディオシステム「Mazda Harmonic Acoustics(マツダ・ハーモニック・アコースティックス)」を採用。パイオニア製スピーカーを標準搭載するほか、Boseサウンドシステムもメーカーオプションとして用意するなど、音響空間にもこだわった仕様となっている。