日本マイクロソフトは、11月10日に発売予定の次世代ゲーム機「Xbox Series S」を29,980円(税抜)に改定すると発表した。

発表時の国内販売価格は32,980円(税抜)と案内されていたが、そこから3,000円程度安くなる格好。なお同時発売の上位モデル「Xbox Series X」については、発表時の49,980円(税抜)から変更はない。

Xbox Series Xは4K/120fpsでのゲームプレイやデータ読み込みの高速化などを実現した次世代ゲーム機。Xbox Series Sはその廉価版に位置づけられている。

次世代ゲーム機では、PS5が11月12日に発売される。こちらはディスクレスのデジタルエディションが43,970円(税込)、ディスクありの通常モデルが54,970円(税込)となっている。