BANDAI SPIRITSコレクター事業部は、塗装済み完成品フィギュアシリーズ「S.H.Figuarts」(エス・エイチ・フィギュアーツ)より、2020年放送の特撮番組『ウルトラマンZ』登場の「ウルトラマンジード ギャラクシーライジング」を商品化。自社ECサイト「プレミアムバンダイ」にて、2月19日(金)16時から予約販売が開始される。

2017年放送の『ウルトラマンジード』の主役キャラクター朝倉リク(演:濱田龍臣)が、『ウルトラマンZ』に出演した際に新たに見せた姿「ウルトラマンジード ギャラクシーライジング」。本品はこれまでのシリーズ同様、作品劇中に登場する造形物を制作する「円谷プロダクション造形部門LSS」の協力のもと、劇中のイメージで立体化されている。

劇中の躍動感あふれるアクションを再現する可動域にくわえ、交換用手首を左右各4種、交換用カラータイマー(赤)を付属するほか、ボーナスパーツとして「S.H.Figuarts ウルトラマンゼット アルファエッジ」(一般店頭販売アイテム/別売り)に対応する「ゼットランスアロー」と、その保持用手首(左右)を付属。組み合わせで共闘をイメージしたディスプレイを楽しむことができる。

若手俳優として活躍する傍ら、過去シリーズの主演俳優という肩書以上にウルトラシリーズへの愛を語ることで知られる濱田龍臣は、Twitterアカウントにて「ギャラクシーライジングだあああああうわあああああああああああい」と、自身の演じるキャラクターがこの度商品発表されたことに関して、非常に大きなリアクションを寄せている。

ギャラクシーライジングだあああああうわあああああああああああい— 濱田龍臣(本人) (@hamatatsu_0827) February 18, 2021

サイズは約150mm。本体価格は7,480円(税込)。2021年7月の発送を予定している。また、予約期間内であっても準備数量に達し次第、予約受付を終了するとアナウンスされているため、必ず手に入れたい場合は早めの予約をおすすめする。