ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation 5(PS5)で初めての、大型システムソフトウェア・アップデートの配信を4月14日に開始する。全世界で実施される。

新機能として、PS5のゲームタイトルをUSB拡張ストレージへ保存することが可能になる。本体の内蔵ストレージからUSB拡張ストレージへの移行や、逆にUSB拡張ストレージから本体ストレージへ再度コピーすることもできる。

ただし、PS5のゲームタイトルは、本体内蔵の高速なSSDで動くように設計されているため、USB拡張ストレージから直接ゲームを起動することはできない。さらに、USB拡張ストレージに直接ゲームをダウンロードすることも不可能となっている。

ゲームのシェアプレイでは、PS4とPS5のユーザー同士で、チャットしながらシェアプレイが行えるようになった。PS5側のゲーム画面をPS4側にリアルタイムで共有したり、PS5のゲームをPS4で試したりといった使い方が可能となる。

またPS5とPS4で、フレンドがプレイしている参加可能なゲームセッションが表示され、「参加をリクエスト」することも可能になる。

そのほか、ゲームベースにおいて、より重要なコンテンツや機能に素早くアクセスできるようにするなど操作性も改善。ゲームチャットの無効化や他のプレイヤーのマイク音量調整も可能になる。

さらに、ゲームのアップデートの事前ダウンロード機能も追加。またゲームライブラリーのカスタマイズ機能により、指定したゲームを非表示にするなどのパーソナライズが充実した。

アプリ「PlayStation App」も機能を向上させる。今後数週間のあいだに、PS5のマルチプレイセッションにアプリから参加する機能、PS5本体ストレージの管理、トロフィーの獲得状況をフレンドと比較する機能などが追加される予定だ。