任天堂は、Nintendo Switchのシステムバージョン 13.0.0を本日配信開始し、新たにBluetoothオーディオに対応した。

今回の対応により、Bluetoothヘッドホンやイヤホン、スピーカーなどを、Bluetoothトランスミッターなどを介さず、Nintendo Switchと直接接続して使用できるようになった。なおBluetoothのコーデックはSBC、プロファイルはA2DPのみに対応している。

なおBluetoothオーディオ使用中は、接続できる無線コントローラーが2個までとなり、ローカル通信との併用はできない。またBluetoothオーディオ機器のマイク入力には対応していない。さらに、Bluetoothオーディオ機器によっては音声の遅延が目立つ場合があるとしている。

そのほか新ソフトでは、Nintendo Switchドックのソフトウェアも更新できるようにした。

また「スリープ」に「スリープ中の有線インターネット接続の維持」を追加した。設定をONにすると、有線でインターネット接続をしている本体がスリープになっても常にインターネットへの接続を続ける。

そのほか「コントローラーとセンサー」の「スティックの補正」で、補正の開始方法も変更した。さらにWi-Fiの周波数帯が2.4GHzか5GHzかを確認できるようにした。