サンライズは、機動戦士ガンダムシリーズのTVアニメ最新作『水星の魔女』と、劇場映画『ククルス・ドアンの島』、そして『鉄血のオルフェンズ』特別編(全9回)を2022年に順次公開すると発表した。

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』は2022年にテレビ放送を予定。『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の放送から7年ぶりとなるガンダムシリーズのTVアニメ最新作で、詳細は今後公式サイト(https://g-witch.net/)などで案内するとしている。

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は、安彦良和監督による新作映画。『機動戦士ガンダム』第15話の『ククルス・ドアンの島』を新たな切り口で描くという。2022年に劇場公開予定で、こちらも詳細は公式サイト(https://g-doan.net/)で順次アナウンスされる。

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』特別編は、2022年春にテレビ放送予定。同作の世界観がゲームで楽しめるスマートフォンアプリ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズG」の配信時期に合わせて放送されるもので、番組内では、同アプリで描かれる『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント』の一部も披露されるという。