ビョーク主演の映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の4Kデジタルリマスター版が、2021年12月10日より順次全国の劇場で公開されることが決定した。

2000年に公開されたラース・フォン・トリアー監督/ビョーク主演の伝説の衝撃作。第73回アカデミー賞主題歌賞ノミネート、第53回カンヌ国際映画祭パルムドール&主演女優賞受賞、第58回ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞&最優秀主題歌賞ノミネートなど、世界的に高く評価された。

今回はその4Kデジタルリマスター版の上映であり、「最後の劇場ロードショー」とアナウンスされている。12月10日より新宿ピカデリー、12月24日よりBunkamura ル・シネマにて限定上映。ほか順次、全国劇場にて公開される。