TBSとNetflixは、小栗旬主演のドラマ『日本沈没―希望のひと―』など新作3本を、順次全世界配信していくことで合意した。

TBSのIPコンテンツや番組制作力を、Netflixの展開力と掛け合わせることで新たな市場開拓を目指す構え。その第1弾として、10月10日(日)21時から放送がスタートする小栗旬主演の日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』を、Netflixにて放送同日の24時(地上波放送開始の3時間後)から毎週、世界配信する。

第2弾はTBSのバラエティ番組から生まれ社会現象にもなった恋愛リアリティ企画「未来日記」。Netflixオリジナル番組としてリブートし、今年12月から全世界独占配信する。

第3弾は、脚本家の宮藤官九郎と大石静が共同執筆し、磯山晶(TBSスパークル)がプロデュースするNetflixシリーズ『離婚しようよ』。気持ちは冷めきっているが、それぞれの事情ですぐには離婚出来ない夫婦が、一致団結して「離婚」という揺るぎない目標に向かっていくホームコメディで、2023年の全世界同時独占配信を予定している。

先日の「Disney+(ディズニープラス)」の発表に続き、TBSの番組の世界配信が発表された格好。Disney+では『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』を10月27日より配信することになっており、今回のNetflixによる『日本沈没―希望のひと―』の配信は、それに先行しての配信となる。