パナソニックは、「タングステン耐切創手袋」を10月21日に発売する。同社直販ストアの限定販売で、価格は通常タイプが1,821円、手のひらゴムコート有りが2,000円(どちらも税込)。また、サイズはS/M/L/LLの4種類となる。

同社が白熱電球のフィラメント製造で培ってきた、「タングステン細線化技術」を活用した手袋。素材に用いるタングステンは、ダイヤモンドの次に硬く、また金属の中で最も融点が高いため、耐熱性や高温下の使用に向いているという。

手袋は13ゲージ編みの適度な厚みと、20ミクロンの細径金属製の柔軟性により、薄くて柔らかいという快適な作業性を追求。乾きやすい素材を使用することで、清潔を保ちながら繰り返し使用できる。

また、高い耐切創性に加えて、こすれや摩擦に強いという耐摩耗性を確保。耐久性にも配慮され、洗たくや紫外線にも強く毛羽立ちにくいという。

ほか、手のひらゴムコート有りのタイプでは、耐油性や耐摩耗性、ニトリルゴムによる高いグリップ製を備える。