NTTドコモは、光りながら飛行する「羽根のないドローン」を開発。2021年度内の商用化をめざすと発表した。

ヘリウムガスを風船に充填することで、浮遊する仕組みのドローン。空気ポンプとして動作する超音波モジュールを搭載し、これによって、推進力を生み出して空中を移動するという。

ドローン自体は同社が2019年に開発したものだが、今回新たにフルカラーLEDを追加。空中でさまざまな色に光りながら飛行することが可能になった。また、アクションカメラの搭載にも対応し、高画質な空中映像の撮影も行える。

ほか、推進力の強化により安定した飛行を追求。ネットワーク経由での制御を新たにサポートすることで、自動飛行を用いたドローンショーなどにも対応する。