ソニーインタラクティブエンタテインメント(SIE)は、米ラスベガスおよびオンラインで開催中の家電見本市「CES 2022」プレスカンファレンスにて、PlayStation 5(PS5)用VRシステム「PlayStation VR2」(PS VR2)、および専用コントローラー「PlayStation VR2 Sense」(PS VR2 Sense)を発表した。

PS VR2は、解像度2,000×2,040の有機ELディスプレイ2基(片目に1つずつ)を搭載し、4K HDR、リフレッシュレート90Hz/120Hz、110度の視野角などを実現。PS5にケーブル1本で接続するだけでセットアップすることができる。

内蔵カメラによるトラッキングに加え、プレーヤーの視線の動きを操作に反映するアイトラッキング機能、内蔵モーターの振動を用いたフィードバック機能、空間オーディオのTempest 3Dオーディオ技術などを組み合わせた「PS VR2 Senseテクノロジー」を新搭載。ゲームの臨場感/没入感をさらに高めたとしている。

PS VR2 Senseは、6軸のモーションセンサー、触覚フィードバック、アダプティブトリガー機能などを搭載。より直感的な操作が可能とのこと。

また、PS VR2専用コンテンツとして、『Horizon Call of the Mountain』が発表された。その他詳細については、後日あらためて発表するとしている。