現在公開中のトム・クルーズ主演の映画『トップガン マーヴェリック』が、公開65日目となる7月30日時点で興行収入100億円を突破したことが発表された。

本作は7月31日までの累計成績が動員6,420,342人、興収101億3,036万3,030円を記録。実写映画が累計興収100億円を突破するのは、2019年公開の『アラジン』以来となり、コロナ禍では初の快挙となった。また主演のトム・クルーズは、2003年公開の映画『ラストサムライ』以来2作目となる、18年ぶりの“100億円の男”となった。

公開から約2ヶ月が経過したなか、全米では6億5千万ドルを突破し、『アベンジャーズ』1作目を越え歴代9位に浮上。全世界でも驚異の13億ドルを突破し、日本でも7月下旬には平日も前週比が100%超えを記録するなど、熱狂的なリピート鑑賞者や新規の鑑賞者の熱烈な支持を受けている。

先日グランドシネマサンシャイン(池袋)4DX SCREENでの興行成績が、世界の4DX SCREENシアター(4DX、SCREENXシアター含む)において世界No.1を獲得。相性抜群のラージフォーマット(IMAX/ドルビーシネマ/4D/ScreenXなど)のチケット争奪戦は今なおも発生している。

さらに、今回の100億円突破を記念した新たな特別映像も公開。トム・クルーズと共に人気となった新トップガンチームの俳優陣が、“本物の空”での撮影を成し遂げるために挑んだトレーニングの模様が映し出されている。

映像内では、「36年ぶりに訓練を受けた」と笑うトムが飛行訓練プラグラムを自ら考案して現場を牽引。天地が分からなくなるほど回転する特殊装置を用いた水中訓練や、F-18戦闘機の搭乗に到達すべく段階を追ってGが上がっていく飛行訓練では、何人も悶絶の瞬間が映し出され、見事に達成した俳優陣の晴れやかな表情も印象的なメイキング映像となっている。