『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター「グローグー」と、『となりのトトロ』の「マックロクロスケ」が共演するショートアニメーションが、本日11月12日17時よりDisney+で独占配信されることが明かされた。

ショートアニメーションの制作はスタジオジブリが担当。11月11日、スタジオジブリ公式Twitterに突然ルーカスフィルムとスタジオジブリのロゴが投稿されたことで大きな注目を集めたが、その詳細がアナウンスされた格好だ。

名匠ジョージ・ルーカスが生み出した『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の、その後の世界を舞台にした『マンダロリアン』シリーズは、2019年11月12日にディズニー公式動画配信サービスDisney+で配信開始された。そこに登場した “ザ・チャイルド” ことグローグーは、強いフォースの力を秘めたミステリアスな背景を持ちながら、そのちいさくて可愛らしい姿から全世界を魅了し、『スター・ウォーズ』シリーズの様々なキャラクターの中でも、最も人気のあるキャラクターの一人となった。

そのグローグーと、日本を代表するアニメーションスタジオ、スタジオジブリの人気作品『となりのトトロ』に登場するマックロクロスケが共演するのが『禅 グローグーとマックロクロスケ』だ。

スタジオジブリの宮崎駿監督と鈴木敏夫プロデューサーは、以前よりルーカスフィルム社長、キャスリーン・ケネディと親交があり、長年の友情の証としてアニメーション制作を快諾。監督に数々のスタジオジブリ作品をてがけてきた近藤勝也を指名したという。

『マンダロリアン シーズン1』が、アメリカで配信され、グローグーが初めて世界に登場した日と同日、同時刻に、日米スタジオの友情が実を結んだ、グローグーとマックロクロスケの初の共演作が配信開始される。