サンバレージャパンは、RAVPowerブランドのモバイルバッテリーの新製品として、本体にUSB Type-Cケーブルを内蔵した10,000mAhモデル「RP-PB161」、5,000mAhモデル「RP-PB160」を、1月下旬より発売する。

いずれも価格はオープンだが、「RP-PB161」は7,700円前後、「RP-PB160」は5,500円前後での実売が想定される。

バッテリー本体に約3cmのUSB Type-Cケーブルを直結しており、別途USBケーブルを用意せずとも直接端末の充電が可能なモデル。非使用時にはケーブルを本体底面に収納しておくことができる。

またUSB-Aポートも搭載しており、別途ケーブルを用意することで、USB Type-C以外の端末とも接続が可能。リチウムイオン電池を採用することで、スマートフォンと同等のスリムなサイズ感も実現している。

10,000mAhの大容量モデル「RP-PB161」は、USB Type-Cケーブルが「USB PD 3.0」、USB Aポートが「Quick Charge 3.0」にそれぞれ対応し、対応端末へ高速充電が可能。最大出力は2系統合わせて5V/3A 18Wとなる。充電はUSB microBポート、またはUSB Type-Cケーブルから行える。外形寸法は147.5W×72H×18Dmm、質量は約215g。

5,000mAhのレギュラーサイズモデル「RP-PB160」は、USB Type-Cケーブル/USB Aポートあわせて5V/2A 10Wまでの出力が可能。充電はUSB microBポートから行える。外形寸法は約146W×70H×10.6Dmm、質量は約130g。