JR西日本は、ICカード乗車券「ICOCA」をスマホアプリで利用できるサービス「モバイルICOCA(仮称)」を2023年春に開始予定と発表した。

モバイルICOCA(仮称)は、JR西日本の交通系ICカード「ICOCA」の機能を利用できるサービス。カードと同様に自動改札機や店舗での支払いはスマホの読み取り部分をタッチすることで行える。

また定期券の購入や払い戻し、チャージなども場所を問わずアプリ上で操作可能に。そのほか、チャージ残額や利用履歴もスマホの画面上で確認できるようになる。定期券購入やチャージの代金はサービス利用開始時に登録するクレジットカードからの支払いとなる予定。なおこれらは検討中の内容であり、変更する場合もあるとしている。

さらに、東海道・山陽新幹線の「スマートEX」、北陸新幹線の「新幹線eチケットサービス」の交通系ICカードとして、モバイルICOCA(仮称)を登録して使用することも可能になる。他にもMaaSアプリ「WESTER」「setowa」と連携するなど、スマホならではの機能を活用して、ユーザーの移動や生活、観光をより便利に楽しめるサービスも検討しているとのこと。

同社は、計画概要を本日10月16日に発表。サービス開始は2023年春を予定しており、JR東日本の「モバイルSuica」、東京メトロや小田急、京王電鉄など交通事業者各社による「モバイルPASMO」に続いて、ようやくICOCAのモバイルサービスが実現される。