アップルは、スペシャルイベントの招待状を一部プレス向けに送付した。

招待状には「One more thing.」と書かれている。イベントは日本時間2020年11月11日午前3時に開催される。

「One more thing.」は、故ステーィブ・ジョブズ氏がプレゼンテーションの際、しばしば用いた言葉だ。新製品や新サービスを披露して盛り上げたあと、さらにもう一つ目玉を発表することでダメ押しする、というのが定番のスタイルだった。

アップルは今年の秋冬、iPad AirやApple Watch Series 6/SEを中心に披露したイベントを9月に、iPhone 12シリーズやHomePod miniを発表したイベントを10月に開催した。

同社はかねてより、自社製SoC「Apple Silicon」を搭載したMacを年末に出荷開始すると発表していた。イベントでは、このMacが披露される可能性が高い。

アップルの米国公式サイトをiPhoneで閲覧し、イベントをタップするとカメラが立ち上がり、ARイベントが開始される。すると、黒く薄いリンゴマークが出現。そのロゴが横になったり起き上がったりする。まるでノートPCのディスプレイ部が開閉しているように見える。

Apple Silicon搭載Mac以外に、本当の意味での「One more thing.」が用意されているのかどうかにも注目したい。