日本通信は、16GB(ドコモ新料金プランのサービス開始日以降は20GB)のデータ量に70分/月の通話料金を含めて1,980円(以下、価格はすべて税抜)という新料金プラン「SSDプラン」を発表。12月10日から発売する。

プレスリリースで『「MVNO潰し」ではないかと言われているドコモの新料金に対してMVNOの代表として対抗プランを1,980円で投入』『昨日ドコモが発表した新料金への対抗プラン』だと触れるなど、ドコモが発表した20GB/2,980円の「ahamo(アハモ)」を強く意識。当初は通信容量16GB/月での提供だが、ahamoの提供開始後は自動的に20GB/月に容量が増加される。

「ドコモの新料金プランはまだ3ヶ月も待たなくてはいけませんが、SSDプランは、来週からすぐに使い始めることができ、かつドコモがサービス開始する日には20GBへと自動増量されるので、今は存在しないプランを待つ必要はありません。しかも今は存在しないプランより3割以上合理的です」とアピールしている。

基本データ容量を超えた場合には、1GBあたり250円で使った分だけの料金が自動適用される「おかわり課金方式」を採用。「おかわり課金」の上限値はユーザー自身で設定可能で、30GBまでの間を1GB単位で上限設定できる。

上記のとおり70分/月の無料通話も含んでおり、70分を超える通話料は30秒あたり10円。「携帯キャリアの半額」だとするとともに、「専用通話アプリは不要で、通常の電話操作、携帯キャリアと同じ通話品質です。統計数値によれば、携帯電話での通話時間(携帯番号を使った電話のみで、アプリ電話は含まない)は平均で月に130分です。これを発信と着信を半々と想定すると、料金のかかる発信は65分。これをカバーしているのが70分の通話時間です。なので、通話を多用するお客様でない限りは、ほぼカバーできる通話時間が無料で入っています」とアピールしている。

■同社代表取締役社長 福田尚久氏コメント

6月30日に下された総務大臣裁定により、データ通信も音声通話も両方ともにMNOの原価ベースで調達できるようになるなど、政府・総務省が強力に進めるMVNO支援策のお陰で、MVNOが携帯料金の価格競争に正面から取り組める環境が整ってまいりました。このような環境を整えていただいた以上、これをフル活用することで、政府そして国民が期待する携帯料金引き下げの動きに対して、MVNO代表企業としてその一翼を担う責任を意識し、お客様にとって真に合理的な携帯料金の提供に努めてまいります。