アンカー・ジャパンは、AnkerブランドのUSB急速充電器/モバイルバッテリー一体型モデル「Anker PowerCore Fusion 10000」と、モバイルバッテリー「Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W」を1月26日から販売開始した。

■Anker PowerCore Fusion 10000 ¥4,790(税込)

PowerCore Fusionシリーズの最上位モデル。折りたたみ式プラグ一体型で、コンセントに挿すだけで本体の充電が可能な点が特徴だ。既に発売中の「Anker PowerCore Fusion 5000」と「Anker PowerCore III Fusion 5000」の魅力はそのままに、バッテリーを9,700mAhに増強。出力もiPhone12シリーズに適した最大20Wとし、より高速充電を可能にした。

iPhone 12を2回以上、Galaxy S20を約2回、Pixel 5を1回以上満充電可能。また、USB PDとの互換性を高めつつ、Qualcomm Quick Charge等の充電規格にも対応したAnkerの独自技術「PowerIQ 3.0(Gen2)」搭載のUSB-CポートとPowerIQ搭載のUSB-Aポートを備え、2台同時に最適な出力でのフルスピード充電が可能になったとアピールしている。

外形寸法は約82W×82H×35Dmm、質量は約278g。

■Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W ¥3,990(税込)

約1.5cmの薄型設計ながら10,000mAhのバッテリーを内蔵する点が特徴。出力は最大20W。USB PDに対応したUSB-Cポート (最大20W出力 / 18W 入力) と、PowerIQを搭載したUSB-Aポート (最大12W出力) を備えている。

外形寸法は約150W×69H×15Dmm、質量は約212g。