ソフトバンク(株)は、“ソフトバンク”ブランドの、4G/5G共通の新プランとして、「メリハリ無制限」と「ミニフィットプラン+」を2021年3月17日に提供開始する。

「メリハリ無制限」はその名の通り、データ容量が無制限のプラン。音声基本プラン980円を含む料金は月額6,580円で、ここから各種割り引きが適用できる。

「メリハリ無制限」は「SoftBank 学割」の対象となる。これにより、学生であれば「メリハリ無制限」のデータ定額料が半年のあいだ、毎月3,580円(月間データ使用量が3GB以下の請求月は2,080円)割引となり、各種割引サービスを適用すると、月額900円となる。ただし8ヶ月目以降は月額4,480円となるので注意しよう。

「ミニフィットプラン+」は、データ通信が少ないユーザー向けの新プランで、データ使用量に応じて3段階の基本使用料(1GB まで、2GB まで、3GB まで)が自動的に適用される。1GBまでは2,980円、2GBまでは3,980円、3GBまでは4,980円。自宅が「Softbank 光」に加入している場合、さらにここから1,000円が割引される。